タネから栽培のトマト:雨に追われる収穫

2014.07.01 16:34 | EDIT

 樹上で充分に熟してから収穫しようと思うのに、そうはいかんのでした。
ブラックゼブラ・水耕栽培の実を、一房丸ごととれたと喜んだんですが、1個が傷んました。(撮影:6/30)

雨が続いたせいで、熟しかけの実はかびやすくなっているのでしょうか。

これでは他の実も危ういかもしれんので、赤くなってきたものはかたっぱしから収穫。

左上の黒くなってるのは、新たに見つかったもの。実と実が重なり合っているところがことに、危ない危ない。右側の緑色めいた黒っぽい実はブラックゼブラの土栽培です。黄色がスーパースノウホワイト。その下の卵型はパープルロシアン

 この日の午後。なんだか気になってもう一度見回り点検開始。これは、ブラックゼブラの土栽培の実です。

見たところなんともなさそう。

ですが、ガクのところに亀裂ができはじめているのを発見。


しょうがない。この一房も収穫じゃあ。

この日の味は、旨み薄め、皮極めて固し。思うようにはいきませんなあ。

【追記】
トマトのうち、3種類は水耕栽培と土栽培の両方で育てていて、味のちがいを感じることはないなあと思っていたけど、ブラックゼブラだけは、土栽培のほうが旨みが上です。しかも、実が大きいときている。そういや色もちがって、土栽培は黒々してますし。どこがどうなってちがいができるんだろう。おもしろいです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード