園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タネからお初栽培のトマト「コストルートジェノベーゼ」:あっというまに真っ赤っか

 実が赤くなるスピードは、気温の上昇もありましょうが、品種によってちがうこともあるのでしょうか。
土栽培のコストルートジェノベーゼが色づいてきたなあと思ったのが6月28日。


下のほうの実もいくつか赤味をおびています。


その2日後(6/30)。一気にきましたなあ。


下の段の実も同じく。


株全体は小ぶりで、背丈は1メートル程度しかありません。鉢も直径が25センチくらいです。



そして本日(7/1)。右下がオレンジ色になってきた。

このあとどうなるんだろう? のんびり眺めてたら、上の2個なんて実が割れてしまったりして。

下の段も赤いのが増えてきました。でも、大きいのはまだみたいです。

実が小さいと早く色づくんだろうか。
そういえば、中玉トマトのフルティカも2~3日で赤くなるんだっけ。
でもでも、色黒のトマト(ブラックゼブラやパープルロシアン)なんかは、数日くらいじゃこんなに変化しないみたいだ。実が赤くなるトマトは、色の変化が早いんだろうか。それとも、早くみえるだけで、中身はどれも同じように熟しているのかもしれない…てなことを考えて、ぼーっと眺めてます。


この株は、ほんとはもっと上まで枝が伸びていたのですが、実がつかないのに業を煮やし、上の枝(指先のあたり)を切ってしまったのです。

そうしたら、その横と下から脇芽がでてきました。

下の脇芽には、花芽がついたようです。こんどはちゃんと実になってくれるんでしょうか。


それにしても、真っ赤な色といい、実のまわりについたひだひだといい、なんともはや美形な面立ちのトマトですこと。当ベランダでは、赤茶色とか紫とかいうむさい色のトマトが幅をきかせているもんですから、珍しくてじいっと見入ってしまいます。食べるの、明日にしよーっと。

 なお、この美形トマト・コストルートジェノベーゼのタネは、ベランダ水耕菜園のruneさんより頂戴いたしました。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トマト | 16:39 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小さな鉢で豊作ですねー(゜o゜)
というか、ともこさんちはどれも豊作ですよね?
私も園芸を科学したいので、
培地の配合と肥料なぞ、こそっと教えてください(笑)

| bigtomato | 2014/07/01 20:09 | URL |

わあ、超豊作!
そしてキレイなプリーツ!
おいしそう、いつもながらお見事です!
コストルートは朱色がキレイですよね。

同じ種なのに、ウチで育てるとこれまたみごとに
つるんとプリーツなしで仕上がります(笑

| rune | 2014/07/02 00:02 | URL |

同じくruneさんにいただいた種でコストルート・ジェノベーゼを育てるんですけど、我が家でもruneさんと同じくつるりんとしたヒダのないトマトが育ちます。
ともこさんのは本当にキレイで豊作♪♪♪
秘伝の技を伝授くださいませー。

| yaefit1500 | 2014/07/03 07:35 | URL | ≫ EDIT

bigtomato さんへ

な、なにをおっしゃいますやらbigtomatoさん。私こそ、〈土栽培の培地にはバーミキュライトをたくさん入れ
る〉というbigtomatoさんのお知恵をまねさせていただこうと思っておるしだいですのに。

お役に立てるような情報ではなかろうと思いますが、メモをいたします。

・水耕栽培も土栽培も、今年の肥料はすべて、大塚ハウスの1号と2号だけで進めています。
なんとなく、そうしてみたらどうなるかなあと思いまして。
しかも、土栽培も水をやるのは3日に一度くらいで、ほとんどは液肥だけやるという過剰栄養っぷり。

・液肥の濃度は、おそらく濃いめです。。
大塚ハウス1号を水1リットルに対し粉100グラムを入れ、そのうち20ミリリットルを計り取り、水4リットルの中に溶かしてます。
大塚ハウス2号は、水1リットルに対し粉150グラムを入れ、そのうち20ミリリットルを計り取り、先ほど
の水4リットルの中に1号と一緒に入れて使っています。

だいぶ濃すぎかも。ああ、やっぱりいいかげんだなあ。およそ科学してるとはいえんません。
どうぞ、ご笑覧くださいましね。

| ともこ | 2014/07/03 17:59 | URL | ≫ EDIT

rune さんへ

runeさんのところも、レジナに千果とタイピンクエッグ、そしてコストルートも次々と実をつけていらっしゃるご様子。ひょっとして梅雨明け頃に、収穫祭りになられるのでは。
ブログを拝見しつつ、梅雨のこの時期は、まだ実が青いほうが傷みにくくていいのではないかなあ、と思ったり
しております。

runeさんのおかげで、コストルートに魅せられております。恋しちゃいそう(笑)
それにしても、プリーツがあったりなかったり、どういう仕組みなんでしょうね。
見栄えはともかく、お味に影響があるのかないのか。コストルートじゃないトマトにも突如プリーツができてい
たりして驚かされます。
なんとなくですけど、あのプリーツのくぼんだところがどうも傷を作りそうな予感が。
なので、つるんとしてるほうがゴミも入らず、丈夫に育ちやすいのじゃないかと。

あとね、ついつい我が身のシワを連想するもんだから、恋するトマト気分が台無しです(笑)

| ともこ | 2014/07/03 19:18 | URL | ≫ EDIT

yaefit1500 さんへ

なぜか、お、おもわず目尻のヒダをおさえてしまったわたくしです(笑)
目尻のヒダとトマトのヒダは関係ない、と思いたいです。

runeさんのコストルート・ジェノベーゼはyaefit1500さんのところへもおでまし。すごいなあ。
どんどん広がって楽しませてくださいますねえ。
なんでか、あの赤い色にキュンとさせられます。

yaefit1500さんは水耕栽培でしたよね。ああ、今度は私も水耕でやってみたいなあ。今回は水耕の株の受粉がうまくいかずに落下する花ばかりで、育てられなかったのです。ベンキョウしなくっちゃだわ。
どうやらコストルートは、不思議がいっぱいのトマトのようで。
またこの次もぜひ育ててみたいなあと思うのです。

| ともこ | 2014/07/03 19:34 | URL | ≫ EDIT

土耕の培地にバーミをたくさん入れると水やり回数が少なくて済むので楽ですよ!(笑) 試してみてください(^・^)

肥料の詳しい配合ありがとうございます!!

大塚のA処方に似ていますが、1号と2号の量が逆に
なってるとこが興味深いですね(゜o゜)

2号はカルシウムのようなものだから、それが尻腐れの予防になってるのかも??

>液肥の濃度は、おそらく濃いめです。。

濃度はEC1.3ですから、濃くはないですよ!
ただ、その濃度だと微量要素が不足してしまうので
できれば5号も入れたほうが良いようです
(大塚によれば1.3以下では入れろとの指示があります)

 

| bigtomato | 2014/07/03 21:05 | URL |

bigtomato さんへ:感謝感激です

こちらこそ液肥の健康診断をしていただきまして、ありがとうございます。

おかげさまで、うちのはだいぶ変わった処方だったらしいと気がつきました(笑)
1号と2号の量が逆だったのは、調べてみたら、大塚ハウスの液肥を小分けして売ってくださっていたネットショップの処方をまねした結果だったようです。
これは怪我の功名なのか、大失敗なのか、私も興味深いです。

それから5号ですが、さっそく入れてます。ああ、これで作物の健康がぐーんと整って健康優良児に育ってくれることでしょう。とってもとってもうれしいです。

bigtomatoさん、助かりましたあ! ありがとうございます!!!!!
今後とも野菜の健康相談のお世話になりとうございます。
どうかどうか、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

| ともこ | 2014/07/08 19:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/848-f65c160f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT