園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タネから栽培のトマト「コストルートジェノベーゼ」:小ぶり4個の収穫

 このところほとんど出かけてばかり。おかげでベランダの世話がおろそかになるが、収穫には待ったがないからハサミを持って、狭いベランダをバタバタ。急げ急げ。

コストルートジェノベーゼの実が真っ赤っか。(撮影:7/4)


上部の房のうち、上の2個あたりが収穫どきだろうと思われます。


下の方も、とってもよさそうなものがありますなあ。


合計4個収穫。うほほ。なんて麗しい。見入っちゃいます。

美人トマトのタネをくださったベランダ水耕菜園のruneさーん、ごちそうさまです。私もこのタネをとって、来年はご近所さんにもプレゼントしたいです。コストルートのルーツがまた広がりますなあ。

他にもいくつか。

ときに、上の写真の右下方面に青いのが1個ありますでしょ。これは珍しい「青トマト」っちゅうもんです。なーんていいたいところですが、じつはうっかり切り落としちゃったのでした。

この左の赤いのを1個とるつもりが、切るべきつるをまちがえてごらんのとおり。

あー、もったいなあ。真ん中のはなんとか食べられるでしょうけど、青トマトはそのへんにでもほっといて追熟を促すしかないでしょう。あー、もったいな。あわてん坊はいかんなあ。

青トマトをよくよく見れば、隣にもう1個小さいのができつつあるではないか。無念!


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トマト | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/852-633707c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT