園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トウガラシ属が元気になると、秋が来るのかな。

 暑くても萎えることなく育っているのが、トウガラシ属のようです(種まきは5月初旬。)

左が黄トウガラシで、右が赤い実をつける内藤トウガラシ。いずれも土栽培です。

背丈は、黄トウガラシが50センチくらいで、内藤トウガラシは30センチくらいでしょうか。

さして大株になっているわけではないけど、花芽がたくさんつきました。

春から夏の初めにかけて、アブラムシがわんさかいましたが、今やどなたも寄りつかないみたいです。どこへいったんだろう、あの虫たちは。

実もなり始めました。黄トウガラシの実は下向きなんだなあ。


内藤トウガラシは、つんつん上向き。

色づくのはいつ頃なんでしょうねえ。ペペロンチーノに入れるのが楽しみなんであります。

 ピーマンのデカチャンプもお育ち中です。こちらは、水耕栽培にしました。

このたびが初めてなんです、種からピーマン栽培。どんなもんやらと緊張しています。

実は、7月に数個とれたあとはなしのつぶて。なんだかなあ。さびしゅうございました。
そして、ただ今は花盛り真っ最中。来ましたぜ、ピーマンの時代が。

秋って、トウガラシ属が元気になる季節なのかなあ。 今夜は、虫の声がよく聞こえています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トウガラシ | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/873-3f223fe8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT