在庫一掃タネまき

2014.08.30 19:30 | EDIT

 雨降ったり曇ったり。ずいぶんと涼しいのをいいことに、秋のタネまき祭りを開催いたしました。といっても、新しく仕入れたものはなく、前回も使用し、その後冷蔵庫に保管していた「秘蔵品」です。

左から野沢菜。これは小さな畑の野菜たちのか~ちゃんさんより頂戴のお品です。その隣が、カラシ菜のセリフォン。ミブナの京錦、かき菜のさちうら、カブのチーマディラーパ四季なりイチゴ

そうそう、四季なりイチゴは春にも試してみましたが、あっけなく全滅。再チャレンジですのじゃ。お安からぬタネだったんですからねえ、頼みますぜ、ほんまに。

こちらはハーブ類。左から小ぶりな葉のバジル・マルセイユ。大きな葉のボロッソ・ナポリターノ。紫色のパープルバジルです。下は、左から、ちゃんこネギ(これもか~ちゃんさんからのお品)、ルッコラセルバチカ・エクストラ大葉青シソ

これらは、ずっと一年中切らさず栽培しておきたい野菜であります。とはいえ、バジルやシソは種まきどきじゃないけど、まあやってみようじゃないの、という無謀計画でして。

さて、タネまき。27日に、水でぬらしたキッチンペーパーにまいたら、翌日にはもう発根。しかもペーパーに根を潜らせてしまっているのもあって焦りました。

これミブナ。菜物野菜って早いんだなあ。


もう一つの失敗。前に買った種だから発芽率がよくないだろうと決めつけ、こんなにもどっさりまいちゃった。それがほとんど発根しちゃったというわけ。んー、もう、どこに植えるんだか。


翌日(29日)、発根したタネをば、とにかく培養土を入れたポットに移しました。

一ポットに一粒ではありません。入りきらないからって、十数粒放り込んだものもあります。

こんなにぎゅうぎゅう。ど、どういたしましょうかねえ、ミブナ。

間引けばいいんだが。うーん、苦手。きまあ、いいか。なるようになる、で。

あ、ネットのタネ屋さんをのぞいておりましたら、他にもやってみたい野菜がありました。
ベビーキャロット/岐阜紅かぶ/アルプス菜豆/カステルフランコ/あしたば…などなど。夢は大きくはてしなく。タネ選びってたのしいなあ。頭の中じゃ、すでに豊作祭りですわ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 種と発芽
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード