四葉(すうよう)キュウリの出番

2014.09.11 16:55 | EDIT

 ミニキュウリの千成(せんなり)が、ちょいちょい収穫されていたのだが、ここへきて四葉のシャキットもお出ましのようです。この株ではお初の実。(撮影:9/6)


2日後(9/8)は、ミニキュウリ・千成も一緒。わーい、複数本の収穫であります。めったにない光景。
おっと、下の方にもう1本見えてますが、これは明日用に温存しとこう。


この4本は、お昼にいただきました。千成は、水分たっぷり。シャキットは、歯切れのよい独特の食感です。

パンも焼きましたぞ。がんばったなあ。なにしろこのパン(プンパニッケル/ドイツのパン)は、パンの酵母(サワー種)を育てるところから始めたので、食べられる今日まで1週間近くかかってます。でも考えてみると、キュウリの種をまいたのは7月初めだから、食べるまでに約2ヶ月もかかってるのでした。なーんだ、パンを作る方がずっと楽ちんだったんだなあと気がついたしだい。
あ、でも小麦は育ててないのでした。そこから考えると、穀物の方が長いんだった。うーん、なにやら気が遠くなります。

この日は、残りの1本も収穫。たずねてきてくれた友人にプレゼントしたのでした。たった1本だけど、差し上げるって、なんかうれしい。(9/8)



9/10 な、なんと4本一挙公開。そのうち、2本はお世話になってるご近所さんにお持ちする。



9/1 1本収穫。こちらもご近所さんへ。あれっ、うちのぶんが…。いいのいいの、またできるから。

キュウリは、これにていったん休憩のようです。お次はまだ数日先かなあ。

ところで、キュウリは水耕栽培で育てております。こちらは、その根元にある液肥の入った容器。

銀色の包装は、断熱用に貼り付けた百均屋さんのシートです。容器は、左からリンゴが入っていたスチロールの箱、中央は四角いプラスチックのゴミ箱、右は同じく丸いごみ箱。

そうそう。ときどきは根っこの育ち具合を見てみなくっちゃね。
てなわけで、まずはスチロールの箱をご開帳。根がいっぱいはってるようです。やっぱり大きな箱にはたくさんの根ができるのかなあ。


四角いゴミ箱の中。こちらも根がいっぱいだあ。どうりで液肥がすぐなくなるわけだわ。この大きさだとちょっと狭いのかも。


最後に丸いゴミ箱の中。根は小ぶりです。上記の2株は普通サイズのキュウリですが、こちらの株はミニキュウリ。そのせいで根もコンパクトなのかもしれません。大きさはどうやら間に合いそうかな。


春から夏にこれらのキュウリを育てたときは、うどん粉のおそれがあったし、暑いと根が傷んだりしてむずかしかったけど、今頃は楽ちん楽ちん。キュウリは、7月初めの種まきがいいみたいだなあ。あ、もっとも今年は残暑がなくて涼しいからかもしれんのですが。

おっと、一つ困りもんあり。葉っぱが食われてるんです。


現行犯を捕まえました。コヤツ!

何者でしょうなあ? めっぽうすばしっこいんですわ。しばしば逃げられます。しかも、夕方でも雨降りでどきでも葉っぱをうろついてるようで、油断ならん。警備は厳重にせねば。
どうせなら、この虫も食べちゃおうかしらね。いいタンパク源になりそうですけどお。うひひ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - キュウリ
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

WOW!!

そりゃどー見ても カメムシさんですばーい(笑)
正確にはクサギカメムシさんかと・・・。
思いっきり・・・農業害虫ですぞー!!

bigtomato | 2014.09.11(Thu) 17:23:51 | URL | EDIT

葉っぱの食害に関してそ奴は無罪かと(実の方の汁は吸ってるかも知れませんが)
多分食害跡から見てウリハムシの仕業かと

ななっしー | 2014.09.11(Thu) 22:06:22 | URL | EDIT

bigtomato さんへ

こ、これが、かの有名なカメムシだったとは!
カメムシって、てっきり緑色だとばっかり思ってたもんで。いろんな種類があるのですね。
どうりで、すごい臭いがしてましたわ。しかも、農業害虫とのこと。恐ろしや。

わたしったら、そんな極悪非道のやからをベランダで飼ってたなんて。ご近所さんのみなさま、すみませんです。いやあ、びっくりいたしました。

(それにしても、虫どのが立ち寄るほどに美味しい野菜だったのだと、こっそり自画自賛してみたりなんかして。いえいえ、虫にも物好きな変わり者がいるのでしょう。)

bigtomatoさんのおかげで、見事、犯人の身元がわれました。ありがとうございます。
せっかくお教えいただきましたので、今後は、クサギカメムシちゃんとお呼びし、可愛がって退治してまいろうとぞんじますm(_ _)m

ともこ | 2014.09.15(Mon) 16:15:11 | URL | EDIT

ななしっしー さんへ

なんと、葉っぱを食べたのは別人だったなんて!

となりますと、葉っぱかじり犯と、実の汁あたりをかじる奴と2件もの事件が同時多発していたんですね。
えらいこっちゃ(笑)

でもでも、即、犯人判明です。よくぞ、お見つけくださいました。まことに、かたじけのうぞんじます、名探偵ななっしーさん。

さっそくに、よーく観察しておりましたらば、ウリハムシらしき奴を発見。証拠写真も激写。これでもう、申し開きはできますまい。すぐさま逮捕いたしました。バンザーイ! ありがとうございます。

ともこ | 2014.09.15(Mon) 16:28:27 | URL | EDIT

カメムシ多いです

今年はカメムシ多いですよ。いつもは豆やナスにたかってるんですが、なぜかきゅうりやカボチャなどのウリ科にたかってます。味覚の変化かな?
素手で捕まえてますが……オナラされませんでした?
菜園で退治すると、ものすごい臭い液(パクチーみたいな)を発射されて、いつも一日取れず、ブルーになります。

もん | 2014.09.16(Tue) 18:32:54 | URL | EDIT

もん さんへ

んまあ、カメムシの好物は豆やナスだったり、お次はキュウリやカボチャですか。私と好みがにてるじゃありませんか。弱ったなあ(^^;)

ゲゲッ、かくも極悪非道な虫だったとは。もんさん、なんともえらい災難でしたねえ。

はいっ、今後は、けっして素手でつまんではいけません、と、肝に銘じます。

それにしても私、ブルーにならなかったのはなぜかなあ。もしや、おもいっきり鈍感だったりして。カメムシをさわったお手々で、だれかと握手とかしてなければいいんですが…。

ともこ | 2014.09.19(Fri) 17:15:12 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード