園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大きい葉のバジル:ボロッソ・ナポリターノの魅力

 大きな葉っぱになるバジルのボロッソ・ナポリターノ。枝葉が混み合ってきたので剪定しました。(撮影:9/10)
ボロッソ・ナポリターノを刈り取る

やれやれ、これですっきり。
ボロッソ・ナポリターノの全体の姿

ふと、切り落とした根元を見れば、新しい芽がにょきにょにょき。おぬし、やるなあ!
ボロッソ・ナポリターノの新芽

切り落とした葉のうち、食べられそうなところをひろい集めました。けっこうある。うれしいぞ。
ボロッソ・ナポリターノの収穫

このボロッソを6月頃に収穫したときには、葉が大きすぎ、飾り付けには不向きなバジルだと思っていたのですが、今頃ですすと、つみとって食べる先端の葉は小ぶりみたい。ちぎって小さくしなくてもそのまま使えそうです。
手のひらの中央にある大きいのが下の方にある葉っぱで、そのほかは摘み取って食べるあたりの葉です。ね、この大きさなら、まあまあなんとかいけそうでしょ。
ボロッソ・ナポリターノの葉の大きさ

いやあ、じつはボロッソ・ナポリターノがこれほど長生きするとは思っていなかったので、すでに次世代のバジルを種まきしていたのでした。それがまあどれもたいそう元気でありまして、写真以外のも合わせると全15株。
ボロッソ・ナポリターノの若い株
どーすんですかねえ、こんなに。

ときに、ほかにもあと2種類のバジルを同時に種まきしたんですが、生長具合がだいぶ異なるようです。一番大きいのがくだんのボロッソ・ナポリターノ。中くらいのがマルセイユ。まだ本葉がでたばかりなのがパープル
バジル3種の若い株の大きさをくらべる
ふむふむ、こうしてみるとボロッソ・ナポリターノは、生長が早いし丈夫で長生き。なかなかに頼もしいと思えてきました。じつは最初、ボロッソは態度がでかくて使いにくいヤツだと思ってたんです。

だって、パスタの皿に飾ると皿にまではみ出してしまうようなお笑い系なんですもん。(6/29)
140629_naporita-no_08611.jpg

 一方、パープルのバジルは、香りも強めだし、サラダの彩りとしても魅力ありありだけど、いかんせんお身体がお弱いのが残念でなりませぬ。

そこで考えました。数打ちゃ当たる作戦というわけで、パープルをどっさり種まきしたってわけ。これでどうだ!
たくさんのパープルバジル苗
右上は青シソ。育ち具合は、同じ日に種まきしたこの青シソにも負けてますなあ。
でもでも、たとえ一株の育ちがよろしくなくても、株がたくさんあれば収穫量を稼げると考えたわけなんですがねえ。はたしていかがなりますやら?

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| シソとバジルとパセリ | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/883-fc6721ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT