• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2014/11/01(Sat)

エンドウのタネを買いましたけど

 タネをネット注文。さっそくに届きましたんですが、このラインナップに我ながらギョッ!
注文したエンドウのタネ
スナップエンドウ・ジャッキーが「2袋」とサヤエンドウ・貴笹豌豆も「2袋」。
なにゆえ、こんなにも大量買いをしてしまったのやら、まったく身に覚えがありません。おそらく、タネまき時期が遅れるからと、大慌てで注文したためのポチッと間違いだったのでしょう。
まあそれでも、3袋ずつでなくてよかったと、無理矢理思うことにしました。

ともかく、タネまきしなくっちゃ。(撮影:10.31)
エンドウ2種のタネまき
容器1個につき4粒ずつ入れて、同じ品種を4個作製。たぶんうちではベランダに並びきれない分量だろうけど、せいいっぱいのタネ消費です。
発芽したら、この容器を2リットルのペットボトルにセット。水耕栽培でまいろうかと。水耕栽培ですと、プランターなどの土栽培よりも底面積が少なくてすみそうな気がします。おお、これでなんとか極小ベランダに並べられるかも~♪

さてさて、タネまきしたあとの貴笹豌豆のタネ袋に残っていたタネを数えたら、全部で40粒。
エンドウ・貴笹のタネ
ということは、一袋に56粒入っていたようです。
貴笹豌豆の残りは全部で→一袋丸々(56粒)+使った残りの袋に40粒=96粒。
これが、スナップエンドウの分もあるのでした…。ヒエッ。
そういえば、豆苗ってのがあったなあ。発芽させたら食べられるんじゃないだろか?

【タネ袋の解説より】
●スナップエンドウ ジャッキー:タキイ種苗
「甘みが強く莢ごと食べられるスナップエンドウ」
「莢は濃い緑色で、長さは7~8センチメートル程度。」
「生育旺盛で、側枝の発生が多い多収穫」

●貴笹豌豆(たかささエンドウ):アサヒ育成
莢は長さ7~8センチメートル、巾1.8~2センチメートル、重さ3グラム程度で、形状も良く、風味、食味とも大変良い。
夏蒔き栽培で播種後約50日ぐらいから収穫初めとなり着莢性がよく、初期から優良品が多く長期安定して収穫できます。

※あのう、もしも上記のタネをご入り用でしたらば、どうぞお申し付けくださいまし。郵送させていただきます(^^;)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : エンドウ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top