畑のトマト苗をいただく

2014.11.09 08:18 | EDIT

 友人がやっている畑に、トマトの芽がたーくさんでました。夏に収穫したトマトのタネがこぼれ落ちたのだそうな。背丈が10センチほどのその小さな苗姿をじっとながめていると、「このまま捨て置いては寒さで枯れていくばかり。なんとかいたさねば!」との雄叫びがどこからか聞こえたような気が。かくして2株だけ、もらいうけてきたのがこちら。(撮影:10/30)
畑から持ってきたトマト苗
とはいえ、これがなんていう品種なのかはわかりません。友人の話では、このトマト苗が生えていたあたりは、私=ともこが、タネから育てて友人におしつけたプレゼントした苗を植えた場所だから、私のうちで育てた品種ではなかろうかとのことでした。とすれば、ブラック・ゼブラか、パープル・ロシアンか…。
でもでも私、せっかくだから、友人が買いこんだ1株500円もするらしい「デルモンテ」の高級トマト苗からこぼれたタネだったらなおいっそううれしかったんですけどお~。→と、こっそり思ったりなんかして。

 さて、このトマト苗をいかように育てたものか。まず、土栽培から水耕栽培に変更しようと思います。理由は、土用の鉢が出払っていて残ってないからです。

まずは、土を落として水洗い。(11/08)
土を洗い落としたトマト苗

ひょっとしてこぼれたタネではなく、折れた枝から挿し芽になっている可能性もあるかもしれないと思い、根元付近見てみました。
タネから育ったとみられるトマト苗の根
ちょっとわかりづらいけど、根の先端が細くなってるからタネから育ったと思われます。

2リットルのペットボトル容器にうつしかえました。容器の中には大塚ハウスの液肥を入れてあります。(11/09)
水耕栽培用に植えかえたトマト苗
さあて、うまいこと根が育つといいんですけど。(サンタさんへ。デルモンテ出身の実を希望。きっとよい子にしてますから。たぶんよい子、そのうちよい子…。)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード