園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子持タカナ:タネまきから2ヶ月半後

子持タカナのタネまきは、9月2日。ずいぶん葉っぱが茂ってきました。(撮影:11/14)
タネまきから2ヶ月後の子持タカナ
子持タカナは今回で3度目の栽培ですが、今までで一番育ちがいいようです。どうしてかなあと思って過去の記録を調べてみたら、タネまき時期が例年より半月~1ヶ月早かったみたい。早いタネまきは、育ちがいいってことでしょうか。

それにしてもこのタネ、在庫一生処分品にもかからわず、よく発芽し、よく育つこと。葉が四方に広がり、たいそうお邪魔な草姿が5株も鎮座。まあねえ、わき芽の子持部分だけでなく、大きな葉も食べられるから無駄なしでありがたいですけど。

今ちょっと調べたら、寒さには強くない植物だそうで、その時分には「トンネルやベタ掛けを行う」とありました。
でもうちでは、なにもしてないなあ。ベランダのおかげで霜にあたらずに助かっているのかもしれません。
あ、思い出したんですけど、冬はヒヨドリに狙われるんでした。うーん、ヤツと山分けする気にはならんぞ。網の用意をしとかなくっちゃだわ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

関連記事

| つぼみっ娘(こ)・子持タカナ | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/896-0603fa9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT