園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルッコラが育つわけ

 ルッコラ・セルバチカ・エクストラという、ながーい名前。ようはルッコラの原種に近いものということらしいです。ルッコラは、雑草のようによく育つという話しを見聞きするのですが、うちではちっともうまく育ちません。そろそろ食べられるかなあというあたりで枯れてしまうからです。なんでかなあ?
その解決法が、もしかしたらみつかったのではないかと思うのです。それは…。
この根元をごらんくだされたし。
ルッコラの根元
ルッコラは、根が地面の上に這い上がってきてしまうみたいなんです。たぶん、今まではこのままほおっておいたから、根が傷んでしまったのでしょう。そこでこのたび、その伸び上がった根元に土を足してやりました。

すると、あーら不思議。いつになくたくさん茂ったんでございますよ。
もじゃもじゃ生えてるルッコラ

2鉢とも、このとおりびっしり。
2鉢ともにもじゃもじゃのルッコラ

思えば、お庭で育つルッコラならば、何かの拍子に踏んづけられたり土をかぶったりしているのでしょう。そのおかげで、浮き上がる根元がしっかりし、うまく育つのではないだろうかと。
一方、うちのルッコラは鉢育ちだから、誰も踏んづける者はなく、ふわふわの土のままだから根がふにゃふにゃ。

そうえいば「雑草は踏まれて育つ」みたいなことをどっかで聞いたような気がするけど、このルッコラもそんな育ち方が向いているのかもしれないなあと、思ったことでした。

 ではでは、うれしい収穫をいたしましょう。ついでに、壬生菜(みぶな)も。
壬生菜

ついでに、カラシ菜のセリフォンも。
カラシ菜

せっかくだから、バジルのボロッソ・ナポリターノも。夜は室内にとりこんでいるせいか、まだ茂ってます。
バジルのボロッソ・ナポリターノ

これらを全員集合! おっと、黄色の花が咲いている、アスパラ菜も投入。
収穫した葉物あれこれ


かくしてサラダに。
葉物野菜のサラダ
ああ、こんなにたっぷりな収穫はめったにございません。それこそ、歌の「赤ちょうちん(byかぐや姫)」じゃあございませんが、「月に一度のぜいたくだけど~、お酒(うちの場合サラダ)もちょっぴり飲んだわね~(食べたわね)」ですわあ♪

ああ、じつは、葉物野菜の収穫の間隔は、今のところせいぜい1週間に一度、これくらいの分量がとれるくらい。(写真は、壬生菜とカラシ菜とアスパラ菜が少々。撮影:11/21)
カラシ菜と壬生菜の収穫
というわけで、葉物は絶対にゆでたりなんかしません。さらにさらに極小量になりますからねえ…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| ルッコラとクレソン | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/900-9718413a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT