園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カブの「ターニップミラノ」:ふくらみの限界やいかに?

 そういえば、「おおきなかぶ」という絵本がありましたなあ。まさかうちのカブのターニップ・ミラノがあれほどでっかく育つとは思えませんが、いったいどれくらいの大きさになるもんなんだろう?…てなわけで、日々期待にうちふるえて観察しているわけであります。

12月3日のこと。
葉っぱがおじゃまで中身がよく見えません。うっかりさわると葉がポキッと折れてしまうので要注意。
ターニップ・ミラノの全体の姿

そーっと室内に運んで、ものさしをあててみました。
ターニップ・ミラノ 株の長さ
葉先から葉先まで、ちょうど60センチメートルくらい。うちのベランダの奥行きが1メートルちょっとですから、そりゃあもうおじゃまでおじゃまで。しょっちゅうぶつかってポキポキゆわしてしまいます。

では、肝心のカブ部分を拝見。そーっと、葉をもちあげなくちゃね。
ターニップ・ミラノ 2個のかぶ
うふっ、できてるできてる。

大きさはどうじゃろ?
ターニップ・ミラノ かぶの大きさ
6.4センチメートルくらいでしょうか。まだ亀裂もできていないから、もう少し大きくなるのかもしれません。様子をみよーっと。

12月12日のこと。
横幅の計測。
ターニップ・ミラノ かぶの大きさ
6.8センチメートル。ということは、9日で0.4センチメートル太ったことになりますな。まだまだいけるかも。いや、破裂寸前だったりして?

12月16日のこと。
今日こそは収穫しないとまずいにちがいない。どれどれ。
ターニップ・ミラノ かぶは7センチ
まだ大丈夫みたいっ。ホッ。横幅は、7.5センチメートル。つーことは、4日で0.7センチの増加。うーん、さらに増加するのか、それともいよいよ爆発か? どうなんだろう?
いやあ、なによりお隣のカブとぶつかりそうになってるし。このままにしておいたら、横に太れなくて上に持ちあがっていったりして。

ときに、この大きなかぶの隣はどうなってるかしらと見れば、ちっこい小指みたいなのがちょろっと1本だけ。
ターニップ・ミラノ 隣りのかぶの大きさ
わはは~。ちっとも育っとらん。大きいのがじゃましているからか、そもそも小さくしか育たないのかは、わかりません。

では、お向かい側はどうなってますでしょうかね?
ターニップ・ミラノ 向かいのかぶの大きさ
右側2本がかろうじてカブらしい姿を形作っているようですが、左の1本は…割り箸ですな。ま、爪楊枝よりはましだけど。
ん? 株の数は全部で5株だと思ってたら、6株も。満員御礼もはななだしい詰め込み具合!イカンでしょう。

この水耕栽培容器の大きさは、長さと高さがそれぞれ30センチくらい、巾15センチ程度のもんです。ですから、この容器でターニップ・ミラノを育てるのであれば、せいぜい2株が限度だったかもしれません。

ともあれ、こうなってしまったからには、まず小さいのを間引くか、または大きくなったのを先に収穫してしまうかすべきなんだろうか。うーん、どちらも悩ましい。だって全部をパツンパツンに太らせてみたいんだも~ん。
ええいっ、このままにしとこ。どこまで育つんだか育たないんだか、ためしてみようじゃないの。
とかなんとか欲ばってるうちに、バーーーーン!! 破裂しちゃうかもですが…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| カブ | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/904-d3be7552

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT