園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バジルの「ボロッソ・ナポリターノ」:枝葉を切る

 4月にタネまきしたバジルのボロッソ・ナポリターノ。夏から収穫が始まり、いまだ現役であります。(撮影:12/18)
バジルのボロッソ・ナポリターノ

とはいえ、ずいぶんと葉っぱが少なくなった株もありまして。
バジルのボロッソ・ナポリターノ
枝の整理がまずかったみたいで、手で支えないと倒れてしまう傾きの枝ぶりになっとります。

でもまあ青々してるから、まだまだいけそうと思ったら、近づいて葉っぱを見ると、茶色になって痛んでました。
バジル 痛んだ葉

葉っぱが育つよりも先に、蕾ができやすくなってるものもあります。
バジル 花芽
ぼちぼち収穫はおしまいかなあ。

思い切って、チョキーーーン。こういうのを、剪定(せんてい)とかいうだろうか。
バジル 剪定

痛んだ葉を全部すてるのは忍びず、まだなんとか食べられそうなところを拾い集めてます。
バジル 可食部分を選ぶ
ほ、ほんの、ちびっと…。食べ納めじゃ。だいじにいただこーっと。

残るは「枯れ木も山の賑わい」みたいな枝ばっかり。
バジル 剪定後
これ、このまま室内においといたら冬越ししてくれないかなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
 
関連記事

| シソとバジルとパセリ | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/905-641d543a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT