園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カブの「ターニップミラノ」:食べてよろしい大きさ

前回お初に収穫したカブのターニップ・ミラノは、直径が9センチほどでした。ちょっとスがはいっていたので、食べ頃はもう少し早いほうがよさそうです。それなのに、次の2個目もすでに9センチをこえてしまってました。やばいなあ…。
すでに手遅れかも、の収穫。(撮影:1/4)
ターニップ・ミラノ 2回目の収穫

重さはどんなもんでしょう。前回350グラムほどで、今回も横幅が同じだから重さも同じかと思いきや、50グラム少ない300グラム程度でした。
ターニップ・ミラノ 横幅
ひょっとして水分が少ないのでしょうか。もしや、カスカスかも…。

おそるおそる、切ってみることにします。
ターニップ・ミラノ 断面
おっ、スがはいってません。いやあ、よかった。ホッとしましたがな。あれ? -50グラムは、水分じゃないのかしら?不思議。ともあれ、収穫時期は、おおよそ9センチより小さめでってことでよさそうです。
調理は、このたびもスライスしてポン酢でいただきました。ほんのり甘みがあり、前回のようなスジスジした感じもなく、よろしゅうございました。ただ、もうすこし厚みをもたせて切るほうがよかったなあ。スライスでは、せっかくの歯応えが楽しめなかったように思います。次回は、包丁で切ろうっと。

その次回ですが、残りはあと4個だけです。できるまでは長いけど、食べるのは早いですなあ。タネまきが9月中旬、収穫は4ヶ月近く後ですもんねえ。(1/12)
ターニップ・ミラノ 残り5個のようす
左側の2個が直径約5センチ。食べ頃は、もうあと4センチ待ち。となると、半月か1ヶ月ぐらいのちが収穫?

近頃めっきり寒くなっているので、夜はビニール袋でおおってます。
ターニップ・ミラノ ビニールで囲い
クリーニングの袋が、ちょうどいい具合に水耕栽培の容器ごと包んでくれました。ほほほ、お得!
この、野菜をビニールでおおう作戦は、ぽたぽたもんばたけのもんさんに教わりました。水耕栽培なので液肥が凍るのも心配でしたが、霜枯れず、凍らず、とってもいい塩梅。ありがとうございます。
この上は、ベランダ全部をおおってしまえたら、どんなにかあったかいことでしょう。室内の私も、きっと寝転ろがってほっかほか。おそらく、植物ともどもよーく肥えることでしょう♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| カブ | 14:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/913-d4ec6119

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT