カブの「ターニップミラノ」:食べてよろしい大きさ

2015.01.13 14:38 | EDIT

前回お初に収穫したカブのターニップ・ミラノは、直径が9センチほどでした。ちょっとスがはいっていたので、食べ頃はもう少し早いほうがよさそうです。それなのに、次の2個目もすでに9センチをこえてしまってました。やばいなあ…。
すでに手遅れかも、の収穫。(撮影:1/4)
ターニップ・ミラノ 2回目の収穫

重さはどんなもんでしょう。前回350グラムほどで、今回も横幅が同じだから重さも同じかと思いきや、50グラム少ない300グラム程度でした。
ターニップ・ミラノ 横幅
ひょっとして水分が少ないのでしょうか。もしや、カスカスかも…。

おそるおそる、切ってみることにします。
ターニップ・ミラノ 断面
おっ、スがはいってません。いやあ、よかった。ホッとしましたがな。あれ? -50グラムは、水分じゃないのかしら?不思議。ともあれ、収穫時期は、おおよそ9センチより小さめでってことでよさそうです。
調理は、このたびもスライスしてポン酢でいただきました。ほんのり甘みがあり、前回のようなスジスジした感じもなく、よろしゅうございました。ただ、もうすこし厚みをもたせて切るほうがよかったなあ。スライスでは、せっかくの歯応えが楽しめなかったように思います。次回は、包丁で切ろうっと。

その次回ですが、残りはあと4個だけです。できるまでは長いけど、食べるのは早いですなあ。タネまきが9月中旬、収穫は4ヶ月近く後ですもんねえ。(1/12)
ターニップ・ミラノ 残り5個のようす
左側の2個が直径約5センチ。食べ頃は、もうあと4センチ待ち。となると、半月か1ヶ月ぐらいのちが収穫?

近頃めっきり寒くなっているので、夜はビニール袋でおおってます。
ターニップ・ミラノ ビニールで囲い
クリーニングの袋が、ちょうどいい具合に水耕栽培の容器ごと包んでくれました。ほほほ、お得!
この、野菜をビニールでおおう作戦は、ぽたぽたもんばたけのもんさんに教わりました。水耕栽培なので液肥が凍るのも心配でしたが、霜枯れず、凍らず、とってもいい塩梅。ありがとうございます。
この上は、ベランダ全部をおおってしまえたら、どんなにかあったかいことでしょう。室内の私も、きっと寝転ろがってほっかほか。おそらく、植物ともどもよーく肥えることでしょう♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 根菜類 - カブ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード