ターサイ:けちけち収穫

2015.01.25 12:22 | EDIT

2リットルのペットボトルで栽培しているターサイ
上から見た感じ。放射状に広がって、ふんふんそれらしくなったなあと喜ばしく思います。(撮影:1/24)
ターサイ 上からみた姿

横から。ロゼット型って、ほんに高さがないんだねえ。
ターサイ 横からみた姿
下の方の葉がときどき黄色になってしまうことがあるので、これがなんだかもったいない。さりとて、全部収穫してしまうなんて、さらにさらにもったいない。
そこで、下の方の葉だけをつみとっていただくことにしました。これなら、上の小ぶりな葉も大きくすることができると思うのです。

というわけで、数枚をちぎりました。ついでに、ミブナアスパラナもちょっぴり。
ターサイとミブナを水につけてます
夕食までお水につけておこう。

ターサイを炒めて食べたら、さぞや美味しいだろうなあ。
いやいや、加熱などめっそうもない。そんなことしたら、ターサイのありかが消えてなくなっちゃいます。ここはだいじにフレッシュで。みんなサラダにいたしましょう。
ターサイとミブナとアスパラ菜
どうですぅ、このファミレスにも負けない大盛りっぷり。ふんわりしたターサイの葉のおかげで、空気がいっぱい。りっぱなかさ高にできましたがな。これで800円ぐらいの値打ちにはなるかしらね。

さてと、お味。
すごいぞ、この野趣満載の味。青臭い汁が口中に広がる感触がなんともいえまへん。ゲームに「毒消し草」というアイテムがたしかあったけど、きっとこんな味がするにちがいない。うん、きっと身体によーく効いてくれるはず。がんばって食べることにいたそう。(あーあ、炒め物にしたかったなあ。)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 葉菜類 - ターサイ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード