• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2015/02/11(Wed)

ナスとトウガラシの苗:飼育箱栽培のむずかしさ

ナスのロッサビアンコとトウガラシの伏見甘長。かような飼育箱に入れて育てておるのですが、なかなかにむずかしいと感じております。(撮影:2/11)
飼育箱の苗

上部をビニール袋でおおって、朝は寒かろうと塞いでおくと…水滴ぽたぽた。
飼育箱の中
かといって、開け放しておくと冷たい風が入ったりするせいか、しおれていることがあります。ことにナスのしおれ方が激しい。帰宅後、慌てて室内にとりこみ、ゼイゼイおろおろ w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w する始末←これ、身体に悪いですわ。
一日中これの開け閉めの番をしているわけにもいかんし。なかなかに悩ましい。蓋の自動開閉器装置が欲しいですぞ。

もう一つ悩ましいのは、容器の大きさ。箱の中には今、ミニトマトのネネを含めて6株はいっているのですが、どうやらだいぶ狭くなっちゃったみたい。葉と葉がふれあってしまうんだなあ。
ロッサビアンコと伏見甘長とネネ
箱の大きさが、35センチ×22センチ×20センチくらいですもん、そりゃそうですわね。育苗装置として使えるのは、ほんのいっときだけってわけです。
しょーがない。ナスだけ入れといて、トウガラシはベランダで外気に耐えていただこう。せめて、ビニール袋でおおっておくつもり。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ナス |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • おお!

    久しぶりに覗いてみたら、ともこさんちのベランダは何と緑の多いことか!
    冬でもきちんと栽培されてるんですねぇ。
    私はサボりすぎですね(^_^;)
    知らない間に育苗箱などという素敵な物まで登場してるし、びっくりです。
    温度を一定に保てて、光量もタイマーで管理出来たら育苗も楽なんでしょうが、そこまでやるともう素人じゃなくショップになっちゃいそうですよね(笑)
    ともこさんちは甘長、私は甘とう美人、お互い大量収穫目指して頑張りましょうね*\(^o^)/*

  • FOX さんへ

    いえいえ、今年はまだ、ヒヨドリに見つかっていないみたいなので、なんとかベランダ野菜が生き残ってるようなもんで。雪が降ったら、やばいです。丸坊主ちゃん! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

    そうそう、たしかにいろんなもんを機械化するとショップさんみたいになっちゃうかもです。
    「あら、またペットボトル倒しちゃったわん」てな感じで、ゆる~っと栽培するぐらいがよかったりして。
    まあもっとも、立派な装置を置くスペースもないんですが(笑)

    FOXさんは、甘とう美人。焼いていただくとめっぽう美味しいアレですね。実も大きいっ♪
    「大量収穫」のお言葉に、今からニヤニヤ。はい、もうご一緒に*\(^o^)/*エイエイオーであります。

Home Home | Top Top