園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミニトマトのネネ:「ぷくぷく」の有りと無し

 土栽培とペットボトルの水耕栽培。それぞれのトマト苗(大玉の麗夏、中玉のMr.浅野のけっさく、ミニのネネと)がそれなりに育っております。
トマト苗

タネまきは、どれも12月19日でした。約2ヶ月たったことになります。
トマト ペットボトルの水耕栽培と土栽培
水耕栽培のほうが、ちょいと生長が早い感じでしょうか。

そして、それよりもさらに大きくなっておるのが、ぷくぷく(ホームハイポニカ)というエアー装置でお育ちの苗様ざます。
ミニトマトのネネ ぷくぷく水耕栽培と土栽培
右の土栽培の苗とくらべますと、身長で2倍くらいはありそうですな。苗は、どちらもミニトマトのネネです。

そうだ、たまには根っこの様子も見てみましょうかね。ぷくぷくの上蓋をめくります。
ぷくぷくの中 ネネの根
へー、根が長いんだ。

ついでに、エアーなしのペットボトル水耕栽培の苗のほうものぞいてみようかな。
ペットボトル栽培のトマトの根
ありゃ、だいぶ短足ちゃんでしたわ。
いいのいいの、人間とトマトは外見じゃねえぞ。中身が勝負。暑い夏はまだまだ先だあ。それまでに、うまーいトマトをこしらえてくれりゃあいいってことよ。

なにっ、ぷくぷく育ちのネネには、花芽がついたとなっ!
ミニトマトのネネの花芽
おぬし、やるなあ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

| トマト | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/926-20c167bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT