園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユーマイサイ:発芽するとき しないとき

 レタスなんて1日か2日ですぐ発芽すると思うのだか、3月6日に種まきしたユーマイサイときたら、10日たっても音沙汰なし。(撮影:3/16)
ユーマイサイ 10日後でも発芽せず
もしやと思いタネ袋を見ると、賞味期限が1月までとある。どうりで発芽しないわけだわ。ええい、だめもとじゃ、残ってるやつぜんぶ、まいちまえ-!

てなわけで、水にひたしたキッチンペーパーに、タネ袋ごとすべてぶちまけておいたのが13日。
それから6日後。ほとんどが発根しておった。(3/16)
ユーマイサイ 3日で発芽
どーなの、これって。

ありったけの種が発根ってですねえ、遠景からご覧頂くとこんなですよ、こんな。(写真上)
ユーマイサイ 発芽くらべ
12粒もあれば充分だったのに…。あーあ、もったいなあ。残しておけばまた次回の種まきに使えたのにさ。
なお、写真下は最初に発芽しなかった分で、その後もまったく動きがございません。
なんでかなあ? 近頃あったかくなったから? 最低気温4度で最高気温が18度とかいうしね。でも、それなら最初に種まきしたのだって発根してもよさそうなものではないか。さっぱりわかりませんわ。

理由はともあれ、この大量の発根した種をば、さてどうしたものか?
とりあえず、お茶パックに2粒ずつ並べて12パックこしらえる。ほんとは1粒でいいんだけど、2粒でも育つからよしとする。
これはのちにプラコップで水耕栽培にしよう。
お茶パックに種をうつしたユーマイサイ

それでもどっさり残っている。ええ、めんどうじゃ。土栽培の2鉢にバラバラっとちらしておしまい。おそろしくぎゅう詰め。もう、しらん。
土の鉢に種をうつしたユーマイサイ

去年の11月に種まきしたユーマイサイは、収穫しはじめたのが1月末頃。今も健在です。(3/16)
生長したユーマイサイ
おかげさんで虫にもまだ見つかってないらしく、傷みがほとんどありません。摘み取っては食べ、摘み取っては食べるお得野菜。このたび種まきした方々もぜひ、このように育っていただきたいと、校長先生は思ってますよ。
(←お隣に小学校があり、よく聞こえてくるんですよ、校長先生のお話が。つい口調をまねしたてみたくなりました。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

| 種と発芽 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/947-983b9862

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT