• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2015/04/03(Fri)

種から栽培のトマト:花と実

 あったかくなりましたなあ。おかげさんで鉢を室内にとりこまなくてもすみ、ほっとしてます。(撮影:3/30)
ベランダのトマト苗

大玉トマト(麗夏)に実がつきました。
大玉トマト 麗夏

中玉トマト(Mr.浅野のけっさく)にも。
中玉トマト Mr.浅野のけっさく

そして、ミニトマト(ネネ)の土栽培とぷくぷく栽培(ホームハイポニカ/エアレーション装置のついた水耕栽培)は、こんな塩梅になっとります。
ぷくぷく栽培と土栽培のミニトマト(ネネ)
背丈が親子ほどもちがう感じですが、ともに同じ種まき日(12/19)でござんす。

こちら、ぷくぷく栽培(ネネ)には、すでに実がぷらぷらりん。
ミニトマト ネネ(ぷくぷく栽培)

なんのなんの、土栽培(ネネ)だって花は咲き実がつくのじゃ。
土栽培のミニトマト ネネ 
ま、ちいさくて、数も少ないけどさ。

それからもう一丁、冬越しした株もあります。
冬越しのミニトマト タイ・ピンク・エッグ
去年うちで育てた苗を友人の畑で育ててもらい、そのこぼれ種から育った株をまたうちにもらってきた、という長々しいいきさつをもつトマトです。しかし、品種は不明でした。


その不明トマト株にも、たぶんこれ実だとおもう。
冬越しのミニトマト タイ・ピンク・エッグの実
小粒な実、それも白っぽい色ぐあい、脇芽があちこちてきとうにできていく風情から考えまするに、この品種はずばり、タイ・ピンク・エッグでしょう。ようやっと私にも判別がつきました。
それにしても、暑いお国だと思われるタイのトマトだというのに、冬を越せるんだなあ。あんがい頑丈。

タイピンクは今でこそ脇芽ぼうぼうだけど、真冬の1月末なんてこんなショボかったんです。(1/27)
1月末のタイ・ピンク・エッグ
両脇がそのタイ・ピンク・エッグで、真ん中は… どんな品種だったんだろう。じきに枯れてしまったので確かめようがありませんなあ。
というわけでして、トマトはこの他に大玉のショコラもあわせて全部で5品種×2株と、あと挿し芽がいくつか。ありゃ、去年より増えてるっ。今年は少数精鋭のはずが、いつのまにかジャングル…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : トマト |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top