園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種からナス:

 ロッサビアンコというナスを初めて育てています。種まき(12/19)から4ヶ月。
ナスのロッサビアンコ 水耕栽培
株がなんとなくしっかりしてきたような。冬の間は葉の色が白っぽくて、風にあたるとしおしおになっていましたからねえ。

いつのまにか花芽がついていました。
ロッサビアンコの花
実は薄紫色でまるっこいらしいです。鉢がゴミ箱程度の大きさですので、実はだいぶ小ぶりになるんじゃないかと予想。

一方こちら、種まきが約2ヶ月前(2/28)だったナスのカプリス
ナスのカプリス 水耕栽培
同じナスではあるけれど、こちらは葉も茎も緑色。実は薄紫と白のしましま模様になるはずです。
カプリスは前にも一度栽培したことがありましたが、たしか数個収穫した程度でした。オリーブオイルで炒めたらとっても美味しかったんだけどなあ。

ずいぶんと株が大きくなる品種のようで、前回、畑をやってる友人にカプリスの苗をもらってもらったところ、私の背丈をこえるほどでっかい図体に育ってましたっけ。
というわけで、今年もその友人の畑で育ってもらおうと、苗を栽培中なのでありました。
ナスのカプリス プレゼント用苗
畑用なので土栽培。水耕栽培の株とくらべると、小ぶりながら葉色がよく育ってるように思えます。土の方が合ってるのかなあ。

5月頃になって広い畑に植えてもらったら、存分に大きな株になることでありましょう。実もでっかくなるだろうなあ。
ま、うちのベランダじゃあ、せいぜいニワトリの卵ぐらいの大きでしょうけれど。あ、ウズラだったりして…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

| ナス | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/960-e17f5f69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT