• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2015/04/24(Fri)

ぷくぷく栽培のミニトマト「ネネ」:いつのまにやら色づいて

 初めてエアレーション(ホームハイポニカ ぷくぷく)というものを使ってトマトの水耕栽培をしています。
ぷくぷく水耕栽培 ミニトマトの<strong>ネネ</strong>の株全体
背丈が1メートル30センチくらいでしょうか。とにかく茎が細いもんだから、支柱だけでなく、上からひもでつり下げたりして支えなくちゃなのでした。

そのぷくぷく育ちネネの実が、いつのまにやら赤くなってました。(撮影:4/21)
ぷくぷく水耕栽培 ミニトマトのネネの実
種まきしたのは、えーとたしか12月19日なので、約4ヶ月で可食状態になったということになります。やけに早いなあ。これはぷくぷく効果なんでしょうか。あるいはネネという品種が早熟なんでしょうか。

同じネネでも、土栽培の方はまだだいぶ背丈が低くて、50センチくらい。ぷくぷく栽培の株の約半分ほど。(4/24)
ミニトマトのネネ 土栽培の株
姿かっこうを見ると、茎が細くて折れ曲がってるところなんか、ぷくぷく栽培のとおんなじだあ。

この土栽培のネネにも実がついたようです。
ミニトマトのネネ 土栽培の実
ぷくぷく栽培のより小さくて、数も少ないみたい。

ネネは、さらにペットボトルの水耕栽培中の株もあります。といっても、ぷくぷく栽培の脇芽をとってペットボトルにうつしたものですが。
ミニトマトのネネ ペットボトル水耕栽培
やっぱり、茎がくね~っと曲がりがち。節と節の間隔が長いのもおんなじだ。
ほほう、このほっそりなよなよした感じがネネの特徴だったりしてね。

さてさて、なにはともあれ数日後にはネネのお初収穫になるはず。うひょひょ、美味しいといいなあ。多少大味でもまあ仕方がないけど、こんな小さなベランダ栽培なんだもん。しかし、なーんにも味がしなかったら…。いいもん、ビタミンくらいは入ってるだろうから、なにがしかの栄養にはなるはずなんだもん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : トマト |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top