ミニトマトのネネ 初収穫

2015.04.25 20:46 | EDIT

 先日赤くなり始めたミニトマトのネネ。どうだろう、きょうこそは食べてみてもいいんじゃなかろうか。(撮影:4/25)
ミニトマトのネネ(ぷくぷく栽培)のつらなった実

ぷちっと収穫。
ミニトマトのネネ(ぷくぷく栽培) 初収穫
すると、即、ぷちっと割れました。こういうのをはち切れんばかりっていうじゃなかったかしら。にまっとしちゃいます。
で、すぐさまお口にポイッ。うーまー。甘くてすっぱくてジュッとお汁が入ってて文句なし。よかったあ~、ほっとしました。
昨年のパープルロシアン(烏帽子柿の形をした茶色のトマト)みたいに大味だったら淋しいなあ、と秘かに心配してましたもんで。ああ、これで次なる収穫をゆっくり楽しめそうです。

というわけでして、ネネは種まき(12/19)から4ヶ月で収穫となりました。いやあ、たいそう早い生長っぷりです。前回のブログ記事で、ネネの土栽培やペットボトル栽培の株(脇芽の株ですが)を紹介いたしましたが、最も大株に育って実がたくさんできているのが、このぷくぷく栽培でした。
なんとなく思いますに、ネネは普通に育てると小ぶりで、茎の節の間隔が長いし、細くてくねくねして扱いにくいけれど、ぷくぷく栽培で仕立てたら、生長が早くて大株になり、実もたくさんつけるうれしいトマトになるのかなあと。

そもそもネネの種は、ホームハイポニカぷくぷくの装置と一緒に付録でつけてくださっている種でした。なるほどなあ、ぷくぷく装置をぐーんと生かせるトマトを紹介してくださっていたんだなあと思ったしだいです。

ところで、ネネと同じときに種まきした大玉と中玉トマトもだいぶ育ってきています。左が中玉のMr.浅野のけっさく。右が大玉の麗夏。
水耕栽培の麗夏とMr.浅野のけっさく

浅野さんはずいぶんと花芽がついてます。10個ぐらいかなあ。
水耕栽培 Mr.浅野のけっさくの花

実も中玉らしくふっくらしてきました。
水耕栽培のMr.浅野のけっさくの実

一方大玉の麗夏どの。
水耕栽培の麗夏の実
株の背丈は50センチ程度と低めなのに、もうごつい実をつけています。なんてまあ育てやすい品種ですこと。ありがたや、ありがたや。

あ、でもそういえば去年は収穫が佳境にはいろうかという5月頃、病気にかかって一気に終末になってしまったのでした。
暖かくなると、虫やらウイルスやらの活動も活発になるのでしょう。
なんだかねー、ベランダに扇風機とか除湿器を置いときたい気分です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

立派に育ったトマトですね~。
我が家では、苗を植えたところです。
関心します・・・・持っている栽培技術を活かして専業農家さんになれそうです~。すごい・・・・

中井農園 | 2015.04.28(Tue) 06:05:55 | URL | EDIT

中井農園 様

ど、ど、ど…どうもであります。

今が真夏でなくてよかったです。葉っぱが茂るとこんなにも水を必要とするのだと思い知っているしだいでありまして。毎日水やりと液肥やりにかりだされます。農家さんのひろーーーーーい畑にお水をやるのは、さぞ大変だろうなあと思いました。

中井農園さんは苗をお植えになったとのこと。田植えの時期でもあり、大忙しにちがいありません。お孫さんもお手伝いなさってるお姿に、おおー、と感心したりして。なんだかあったかい気持ちがいたします。

ともこ | 2015.04.28(Tue) 16:32:40 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード