園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

種から栽培のトウガラシ:伏見甘長の初収穫

2015.06.06.Sat
トウガラシは今年、この伏見甘長一株だけの栽培です。最初はもう一株あったけど、アブラムシの猛威にあい沈没。キビシイスタートになりました。(撮影:5/22)
伏見甘長 全身の姿
トウガラシは何度か育てましたが、伏見甘長は初めてです。なんでもたくさん実がなる性質だとか。たしかに花はいっぱい咲いているんですが、なぜか実がなるまでにはいたらず、落下しっぱなしなんだなあ。
まあとにかく、水彩用の筆で毎朝、受粉作業をほどこしてみました。これがですねえ、小さい花なもんだからめんどくさいのなんのって。それでも、雄しべに筆がふれると、ふわ~っとたくさんの花粉が舞うのです。おお、どうやら株に元気はありそうだ、と思えこちらのやる気もちょいと上向きになるんであります。

さてこの作業が功を奏したんだかどうだか、着果している姿がみられるようになりました。(5/22)
伏見甘長 小さい実

6月4日 だいぶ実が大きくなってきました。(6/4)
実がいつくかぶら下がった伏見甘長

ではでは、プチッとお初収穫。12月19日の種まきから5ヶ月あまり。長かったなあ。
お初収穫 
といってもこれ1本だけ。調理はどーしますかねえ。

夕方とれた他の野菜(四葉のF1多福キュウリ、中玉トマト・Mr.浅野のけっさく、ミニのネネ)も合わせると、こんなもんだし。
この日の午後の収穫

そこで、こうなりました。伏見甘長1本は貴重品ゆえ、大根とお揚げの煮物の彩りに鎮座。
彩りの伏見甘長
なお、右のお皿はスペアリブと梅シロップした残りの梅の実との煮物。新聞記事を見て初めて作ったけど、おかず味で美味しい。願わくば、よりたくさんのシロップ味梅の実が消費できるレシピを希望します。このレシピですと、たった4個~5個だけの使用なんですもん。

おっと、本日の主役・高級彩り野菜伏見甘長のお味ですが、ばっちり旨し! 
次なるコヤツの収穫が待たれます。またもや1本だけですけど…。
次なる収穫ターゲットはこれだ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック