種から栽培のトマト:まにあうか収穫

2015.06.06 16:21 | EDIT

 ぼちぼち梅雨入りでしょうか。いや~な予感がすると思ってましたら、トマトの葉に白い点々がご来場。ジャジャーン、今年ももれなくうどんこ病発生。葉という葉に点々マークありありでございます。
トマトのうどん粉病
乾燥が災いするそうなので、スプレーで水かけしておりますが、まにあいそうもありません。おそらくもうじきすべてのトマトがお倒れになるのでございましょう。うっ…。
まあしかし、この時期はたいがいこうなります。せいぜい生きのびている間の収穫をたのしむことにいたしまーす♪

中玉トマトのMr.浅野のけっさくは、めっぽううまいです。甘くてほんの~りすっぱさもある。そしてどの粒もちゃんと美味しい。お客様におだししても喜ばれるトマトじゃないだろうか。とまあ、当方のベランダで今シーズン最も誉れの高いMr.浅野のけっさく様。ただちょっと、このネーミングがどうも洒落臭いといいますか。なんでか口ごもってしまいますなあ。

その浅野中玉でありますが、左の土栽培と右の水耕栽培、ともによく実がついております。(撮影:6/3)
Mr.浅野のけっさく 左が土栽培 右が水耕栽培

6/3 左のやや大きめが浅野トマト。 とれるのは、一日に2~3個ぐらいでしょうか。
6月3日の収穫

6/4 浅野トマトは左の3個。ミニトマト(ネネ)が圧倒的に多い。大玉は麗夏(水耕)です。
6月4日の収穫

6/5 この日の朝は大玉だけだったけど。(左:麗夏の水耕、右:土栽培)
6月5日の収穫 大玉(麗夏)とキュウリ(F1多福)

同じく6/5の午後は、浅野トマトが4個(左)。
この日の午後の収穫

6/6 6個全部が浅野トマトでした。(大玉・麗夏は水耕)
6/6 中玉浅野と大玉麗夏
あー、やっと一人あたり中玉3個食べられる黄金時代がきました。

たくさん実がつく品種のようで、一房に11個ほど、中段あたりは17個もついていたりします。現在10段あたりまで着果。
Mr.浅野のけっさく 6段目くらいまで
せめて、この半分を食べられるまで持ちこたえてくれたらありがたいんだがなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード