種から栽培のトマト:終わりの始まり

2015.06.08 16:06 | EDIT

 ピンク色で小さい卵みたいな実がなるタイ・ピンク・エッグ。(撮影:6/2)
タイ・ピンク・エッグ 全身像
他のトマトと同様うどん粉病になり、液肥の消費が激減。元気がありません。去年からの持ち越し株で、だいじにしてたんだけどなあ。仕方があるまい。おしまいにせねば。

2株すべてを撤去。まだこんなに実がついていた。いっぱい実がなる品種なんでしょうねえ。うっ、うっ。
タイ・ピンク・エッグ 最後の収穫
おっと、ゴミにはいたしませんぞ。このままおいといて追熟させますのじゃ。暖かいので数日もすれば色づくことでしょう。ちっこいのだって食べてやります。

この日は、大玉の麗夏(左が水耕、右土栽培)も2個とれました。ほいほい、ちょっぴり機嫌がよくなりました。
6/7の収穫 大玉の麗夏


ときに、うどん粉蔓延でほとんどのトマトが終末にむかっているさなか、種まきをしました。
まずは、大玉トマトのコストルートジェノベーゼと中玉のMr.浅野のけっさく。

コストルートが2日で発根。はやっ。(6/7)
コストルートジェノベーゼの発根
しかもこんなにたくさん発根させて、どーすんだかの状況ですわ。去年、わたしのテキトーな栽培で育ったトマトの実からとった種だし、きっと発芽率もよろしくないにちがいないとありったけのをまきちらしたら、このありさま。今時分の気候が合うのでしょうねえ。

それにしても、なにゆえ種まきかと申しますと。南向きのベランダにとって、春から夏は日が入らず悲惨だけれど、秋から冬にかけては陽当たりがましてきます。そのチャンスに栽培しちゃえばうまく育つかもとのもくろみでございまして。
しかし、この時期にトマトの種まきって初めてじゃなかろうか。うまくいくんだかなんだか。
ともあれ、種まきはウキウキいたします。未来に向かってるからかもしれません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

うどんこ病対策

タイ・ピンクエッグのような固定種は耐病性の閾値が低い作物が多く、風通しの悪いベランダだとうどんこ病に冒されやすいですね。
昨年、ベランダに陽射しガードを設置したら、風通しが悪化して、うどんこ病が蔓延しました(笑)。今年はベランダの手摺りまで鉢を上げ風通しを良くして、また鉢を動かすなどして
対策しています。あと、熱波対策に冷却ミスト噴霧装置を投入予定です(笑)(笑)

病気予防として殺菌剤の散布ですが、無機銅剤(特定農薬)か有機銅剤の何れかの散布が効果的です。
前者は銅イオンの濃度が高く(500ppmで散布)糸状菌病害(うどんこ病)、特に細菌性病害にも効果があります。
注意点は、ボルドー液の副成分、石灰により葉に薬害(穿孔)が生じやすい点です。余談ですが、コロマイト乳剤も有機溶剤の成分で葉に薬害(穿孔)が生じやすいですね。
後者はボルドー液に比べると薬害が出ない(または少ない)です。

・Zボルドー水和剤 (ミニトマト、トマト)特定農薬
・ICボルドー水和剤 (ミニトマト、トマト)特定農薬
・サンヨール(ミニトマト、トマト)主成分はドデシルベンゼンスルホン酸ビスエチレンジアミン銅〔II〕酢塩<DBEDC>で、ボルドー液よりは薬害が少ないのでお勧めです。

ちなみに家で栽培している固定種では、芯止まり性品種のホームステッドがベト病に冒されやすいですが、ボルドー液が効果的です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ボルドー液

osa | 2015.06.11(Thu) 23:13:39 | URL | EDIT

osa さんへ

そういえば、当方のうどん粉被害の大きい順というのは、タイ・ピンク・エッグ>ネネ>ショコラ>麗夏となっております。なるほど、固定種がやられやすいってわけですね。

そして、うどん粉病予防には風通しがたいせつとのこと。さっそくお教えいただいた対策をやってみました。
鉢を高くしたり、鉢のあいだをあけたり、株数をへらしたり。
おかげさまで、なかなかにすっきり。なにやらお部屋の模様替えみたいでサッパリいたしました。
(ベランダはかたづけるのに、部屋はちっとも世話をしませんが。)

「冷却ミスト噴霧装置」って、マラソン選手が路上でシャワーみたいに降ってくるあの装置みたいなのかしらと想像してます。なんか、とっても気持ちよさそう。蒸し暑い最中、私も浴びたらスキッとすっきり爽やかになれそうな…(笑)

薬剤の種類や効能もお教えいただきありがとうございます。
へー、大きくは2種類あるのでしたか。ふむふむ。おかげさまでホームセンターで薬を買うとき、迷わずにすみそうです。

ともこ | 2015.06.12(Fri) 19:53:11 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード