園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種から栽培のトマトとお店のトマトに思う

 大玉(麗夏)が一度に2個もとれそうだとか、中玉(Mr.浅野のけっさく)だって、複数個が赤くなってきたとうれしがっておる矢先。(撮影:6/10)
この日の収穫ブツ

バジルも伏見甘長もとれたわい、と狂喜乱舞しておったこの日の朝。
中玉トマト(Mr.浅野のけっさく)

昼、スーパーへおつかいにまいりましたらば、トマトが11個入りで398円。それがまあけっこう美味しいんですわ。多少とも栽培しておる身としては、これはちょっといじける。いや、かなりいじける。
お店のトマトとベランダのトマト
これはしかし、けっこうなことだよなあとも思うのだ。近場の店で、お安くて美味しい野菜を手することができるんだもの。

とかなんとかぶつぶつ考えつつ、夕食は、ベランダ栽培ものだけを食卓に。黙ってわしわしと食べる。
トマトとバジルと唐辛子がちょっとずつの夕食
ああ、なんであれ、できたてを食べられるってぜいたくだなあーと思う。

 翌日、ベランダのトマト(麗夏と浅野のけっさくとネネとタ・イピンク・エッグ)をほんの数個ずつ、ご近所さん2カ所にお裾分け。すると、ほぼ同じ感想をいただきました。「中くらいのが特に甘くてとっても美味しかった」そうです。うーむ、Mr.浅野のけっさく。やはり、おぬしか。なお、全部のトマトがうどん粉にやられていると思っていたら、この中玉・浅野だけは白い点々はでていないようす。どうやら病気にもお強いとみた。

そしてそのあと、ご近所さんからさまざまなご馳走をいただく。手作りパンにできたて梅干し、おやき、煮物、お赤飯などなど。
ごちそういっぱい
わーい、わらしべ長者~♪ うん、こーゆう喜びって、おうち栽培ならではのおたのしみかも。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

| トマト | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/991-8abd179e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT