畑のトマトとベランダのトマト

2015.06.16 14:41 | EDIT

 うちで種まきしたトマト。その後苗の一方はうちのベランダに、もう一方は友人に押しつけてお裾分けして、畑に植えられました。つまり、同じ品種の苗がベランダと畑の2カ所、同時進行で育っているというわけです。
先日、その畑でジャガイモ掘りをさせてもらいがてら、トマトのようすも見てきました。

左が中玉のMr.浅野のけっさく。右が大玉の麗夏。(撮影:6/13)
左が中玉「Mr.浅野のけっさく」、右が大玉「麗夏」
んまあ、こんなにりっぱにお育ちになってからに。

Mr.浅野のけっさくなんて、らせん状に実がつらなってますがな。
中玉の「Mr.浅野のけっさく」

下の方は、一房に11個ぐらい実がついてるみたいです。
中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」の実
数はベランダと同じだけど、粒の大きさがデカデカ。

一方、大玉の麗夏
大玉の「麗夏」
あ、ベランダのと同じく、地面につきそうなくらい下の方から実がついとる。麗夏の特徴なんだろうか?

手に持ってみると、ずっしり。
大玉「麗夏」の実
いやはや、ベランダのトマトを見慣れている者としては、畑のトマトがとにかくでっかくて、アマゾンのジャングルに分け入った気分。(行ったことはないですが。)
ほんに、畑の威力に圧倒される、たのしいひとときでありました。おっと、こんなにもりっぱに育てたのは、ほかならぬ友人。日々のお世話のたまものでありましょう。(と書くように仰せつかっておりますので、ここに記しておきます。)

 さて、家にもどりベランダをながめる。
ベランダのトマト
うどん粉旋風のおかげで、緑のカーテンがだいぶスカスカになりました。

麗夏(土栽培)は残り数個。葉っぱも数枚。赤くなるまで、どうかまにあってくれい。
ベランダの麗夏

Mr.浅野のけっさくだけはうどん粉にならず、踏みとどまっているもよう。まだ青い実をいっぱいつけています。
ベランダのMr.浅野のけっさく

この日の収穫。朝の部。(大玉の麗夏と中玉のMr.浅野のけっさく)
朝の収穫 麗夏とMr.浅野のけっさく

同じく、昼の部。(一番小さい2個は、ミニトマトのネネ
昼の収穫 麗夏とMr.浅野のけっさく 
どちらもお裾分け用になりました。これにて、色づいた実はほとんどなくなり、しばらくは青トマトの景色がつづくことでしょう。
も、もしかして、これっきりだったりして…。いやん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(1) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2015.06.16(Tue) 18:12:21 | | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード