四季なりイチゴ「めちゃウマ!」:親株とランナー

2016.10.30 12:10 | EDIT

昨日のブログ記事は、四季なりイチゴめちゃウマ!の花と実がなる株についてでした。このめちゃウマ!ですが、じつはもう一株ありまして、こちらはランナーを出したがる株のようです。

ただいま、せっせと増殖中。
親株、子株、孫株の四季なり「めちゃウマ!」イチゴ

親株から、子株(太郎さんとも呼ぶそうですが)、そのとなりに孫株(二郎さん)、そしてその先にもランナー発生。

一番はしっこのランナーからうまく根がでれば、これはひ孫株(三郎さん)になるのかな。
ひ孫株の四季なり「めちゃウマ!」イチゴ

ときに、このイチゴの親株はランナーばかりでるだけかと思ったら、いつのまにか花芽ができて実も出来てました。
ランナーのでる四季なりイチゴ(めちゃウマ!)の株

おお、実はきれい。いまのところ順調のようです。カマドウマに見つからないことを祈ろう。
ランナーのでる四季なりイチゴの花と実

このランナー発生タイプのイチゴの株はみな水耕栽培。容器は2リットルのペットボトルです。液肥は、大塚ハウスの1号と2号で、通常の液肥濃度に水をくわえてその2倍程度の濃さにしています。

水耕栽培だからランナーをだすのかどうかはわかりませんが、この親株だけがランナーをだしているので、せっせと増殖をはかろうともくろんでます。しかし、花と実もできているうえにランナーも出してる、なーんて欲ばってるかもしれんなあ。

それなら親株の根はどうなってるんだろう。くたびれて傷んでるかもしれないぞ。
どれどれ。
ランナーのでる四季なりイチゴ 水耕栽培の根

茶色あり白あり、傷んでいるようないないような。なんともいえんから、観察怠らず要注意ですな。
いやそれだけじゃあ心配です。寒くなってきておるし、なるべく急いで増殖いたさねば間に合わないかもしれません。

そこで、ひ孫にあたるランナーがまだ短いけど、早めに培地へ着地させてしまおうと思います。
しかし、さすがにランナーが短すぎて洗濯ばさみだけでは不安定みたい。はて、どうしたもんか?

ジャーン! プラスチックの小さなフォークをランナーにさしてみた。これでどうよ。
フォークをさしてイチゴのランナーを安定させる試み

はい、これにて親から新たに3株できつつありますの図。めでたし。
イチゴの親株から出たランナーで3株を育てる

でもねえ、親の隣の子株(太郎さん)は、そのうちボツにしなくちゃらんのだそうな。親のよろしくない性質や病気を多く持っている可能性があるからだとか。親もその後は実があまりならないとか小さい傾向にあるんだとかでこれまたボツ。で、残せるのは、孫とひ孫の2株くらいなもんですと。農家さんはそんなふうに管理しているのだとか。キビシイのう。

さて、うちのベランダの場合はどういたしましょうか。
四季なりイチゴはランナーがでにくいそうなので、親株をランナー作り屋さんとして温存するのもありかなあ、と思ってます。ま、あまり増えすぎて置き場に困るようなら、またそのとき考えることにいたしましょ~っと。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(7) | Trackback(0) | PageTop↑

四季なりイチゴ「めちゃウマ」:怪しげな実

2016.10.29 17:05 | EDIT

この秋に苗を買って育てている四季なりイチゴのめちゃウマ!に花が咲いて実がなったと喜んでおりましたらば、どうも妙な塩梅なんですわ。お醤油色のおかきみたいなの。(撮影:10/29)
薄茶色くて堅い実になってしまった四季なりイチゴ

実にさわるとカチッと固いのだ。ためしに割ってみる。
固い実を半分に割ってみた

白いなあ。中味には異常がないのかもしれない。割った実を食べてみると、甘酸っぱくて美味しい。私のイチゴ栽培史上最高の旨味である。といっても数回しか育ててませんが。さすが「めちゃウマ!」(デルモンテ)と名乗っているだけのことはあると思いましたぞ。

それにしても、この“おかき色イチゴ”はどうしちゃったんだろう? 
調べてみました。犯人は、どうやらアザミウマという虫らしいです。
こちらのサイトさんでおみかけしました。→イチゴの害虫(ホームページ:奈良県・農業開発センターさん)

ということは、わたくし、アザミウマの付着したイチゴを食べたかもしれないんだ! ゲゲッ。
どうりで美味しかったわけだ。あ、ちがうか。

とにかく退治しよう。セロテープでぺたぺた作戦です。といっても、虫だか卵だか小さすぎて見えないので、手当たり次第ぺたぺたしただけですが。ついでに傷んだ実もとりさりました。
アザミウマとおぼしきヤツをセロテープ責めにする

こちらの花と実はきれいだから、たぶんだいじょうぶだと思うけど、どうだろう。
一応アザミウマ退治したあと イチゴの花と実

株全体は、こんな感じ。ランナーはでなくて、ひたすら花を咲かせ実をならせたがるタイプのようです。
ランナーなしで実ばかりがなる四季なりイチゴ

あ、そうか、花が咲いて実がつくから虫もやってくるのかもしれません。よおし、これからはまめに巡回してペタペタせにゃあいけませんな。

なお肥料は、イチゴ用の肥料が手元にないので、水耕栽培でつかっている液肥の大塚ハウス1号と2号を合わせたものを通常よりも2倍くらいに水でうすめてじょうろでかけてます。こんなんでいいんだろうか。テキト~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

四季なりイチゴの増加計画

2016.09.10 20:34 | EDIT

7月の末。四角いゴミ箱で水耕栽培をしていた四季なりイチゴ(種まきは、去年の6月)が根詰まりをおこしているので、3鉢に株分けをしました。暑いなあ、めんどうだなあと思いつつ。

その5日後(7/29)。すべての苗が、ぐて~~。
7/29 暑さでぐったりとした四季なりイチゴの株
ことに水耕栽培をしていた株(右)の傷みがひどい。しおしおになって、とろけてオダブツになられました。
「暑いときに株分けしちゃあイカン」という教訓であります。がっくり。

残るは土栽培の2鉢のみ。たのむぜ。日陰で養生しつつ、だんだんに日向へ。なかなかにめんどう。

9月9日。青々とした新しい葉ができはじめています。やれやれ、ふ~。
9/7 土栽培の四季なりイチゴだけが生きのびる

花なんかも咲いちゃったりして。
四季なりイチゴに花が咲きました。
でも花は、このあと摘花しました。株の充実を優先してもらおうと思いまして。

この四季なりイチゴ(品種は不明)ですが、長いランナーがでないみたいで、株のすぐ隣に新しい芽を出しては増殖してます。これじゃ、うっかりするとまたもや根詰まりをおこしそうだ。新芽は、てきぎ間引いていったほうがいいのかもしれないなあ。

ところで、今日はいいお天気だったので、自転車で遠出がてらホームセンターをのぞいてきました。
すると、秋野菜の苗が山盛りてんこ盛りに並んでいましたよ。ほとんどのスペースは、ブロッコリーやカリフラワー、ハクサイで埋め尽くされてるんですねえ。ちっとも知りませんでした。めったに行かないもんなあ。

そこでわたくしも、つい、つい、ついとうかれてお買い上げ。

アシタバ1株と、うちにもあるのに四季なりイチゴの「めちゃウマッ!」を2株。
新規購入 四季なりイチゴのめちゃウマッ!とアシタバの苗

アシタバも一株育てていたのですが、じつは過日ボツになられましたので、新たにお越し願ったしだいです。

イチゴは、この品種ともう一つ「めちゃデカッ!」というのがあって、どちらにしようか迷ったんです。デカいのには、「大粒で育てやすい」」とあり、一方のウマには、「糖度が高い」とあります。なにやら、デカいつづらか、小さいつづらか、みたいな選択ですわなあ。はて、どうしたもんでしょう?

デカいけど、それほど美味しくない、だったりして。
美味しいが、ちっちぇーぞ、だったりして。

それぞれ一株づつ買う手もあったが、まずは1種類をためしてみようと思いまして、もしもの保険用にもう一鉢としました。

それにしても、イチゴばっかり増やしてからに。こんなに集めてどうすんだか、ではあります。

いいんだもーん。だって果物も育ててみたいじゃないか。極小ベランダでイチジクとかリンゴは無理だけどさ、イチゴなら小ぶりだし、四季なりだから収穫回数がお得だし。たぶん、栽培がおへただから、全株育つことはないだろうしね。
さ、明日はポットから出して、植えかえいたしましょーっと。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

水耕栽培の四季なりイチゴ:おしくらまんじゅう

2016.07.24 14:47 | EDIT

昨年6月に種まきした四季なりイチゴ。種袋の種を全部まいて育ったのはたった一株だけでした。
そして、それがいつしかこんもりと茂ってあふれんばかりになっております。(撮影:7/24)
水耕栽培している四季なりイチゴの株
四角いゴミ箱容器で水耕栽培してるんですが、箱がかくれるほどの密林状態。発芽にはたいそうてこずるのに、いったん育ってしまえば、もりもり元気なもののようだ。

実は、甘酸っぱくてしっかりした味なのがうれしい。
6月7日あたりまでは、これくらいの大きさのものが一日に数粒ほど収穫できることがあて、たいそううれしかったんであります。
6/7 四季なりイチゴの収穫

それがあ、近頃じゃ、とてもちっちゃい。ショボイといってもいいでしょう。(7/24)
水耕栽培している四季なりイチゴのちっちゃな実

これはおそらく、イチゴの元気な春がすぎて夏になっちゃった今だから実が小さくもなるんである。そのうち株が育ってもっと大きくなりさえすれば大粒になるにちがいないと思うぞ。

そして、けさほど。ふと、うちのマンションの花壇にある四季なりイチゴをのぞいてみましたらば、なーんとなんと、ごりっぱな実がついておるではありませんか。梅雨時だっていうのにさ。
花壇の四季なりイチゴの大きめの実

して、これほどの大きさの実なのだから、どんなにか大きな株だろうかしらと思うのに、根元はいたって普通サイズ。どーんと1本太った幹のような根元かと思ったのに。それぞれはほっそしたまま、スカスカに間がある植わり方になっておるではないか。
花壇の四季なりイチゴの株
なんで???

うちに戻り、わがイチゴの葉をかき分けて根元をのぞいてみる。

ありゃま、密集すぎじゃん!! ガッチガチで、指どころか、竹串だってはいらん余裕のなさ。 
四季なりイチゴの株元 ぎっしりつまってしまった

株をひっくり返して根の先をみると、長い根はほとんどみあららず、ちりちりに焦げたうぶ毛みたいなのがふわっとしてるばかりなり。
四季なりイチゴの根を見る
あちゃー、これは「根づまり」ってやつにそういない。ちっ、早々に株分けいたさねば。

しかーし、それが簡単ではございませんでした。がっちりと固まった根元付近は手でほぐせるレベルではなく、ハサミで力一杯押し切るような固まりでござんした。こんなになるまで、長い間ほっといたんだなあ、と思い知る。

なんとか切り分けて元の四角いゴミ箱に植え直しましたぞ。ふ~。
株分けし、ゴミ箱容器にて水耕栽培。

だがしかし分けた株は、これっぽちのカゴごときではおさまらん分量です。急きょ鉢に土を盛って押し込みましたぜ。
株分けした四季なりイチゴ 鉢にて土栽培

一応、根元の土はかぶせすぎないようにした「つもり」だけど、こんなんでよかったかしらあ?
株分けしたイチゴ クラウンが埋まらないようにしたつもり

鉢は日陰においた。水やりもたっぷりしたもん。うん、あとはうまく根付いてくれるといいんだが…。(全滅はいやよ)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

四季なりイチゴの水耕栽培:種まきからもうじき1年

2016.05.30 19:01 | EDIT

四季なりイチゴを水耕栽培しています。これまでは丸いゴミ箱(左右にあるような容器)だったんですが、もう少しだけ大きな四角いゴミ箱に引っ越しました。
四季なりイチゴの株 四角いゴミ箱による水耕栽培

四角いごみ箱は容器が大きいだけでなく、培養土の分量も多いんです。

以前、丸いゴミ箱に穴のあいた鉢をセットして栽培していたときは、こんなふうに培養土がちょっぴりだったんですが。(撮影:5/10)
穴鉢での栽培(5/10)

今度の四角いゴミ箱のには、手前に余裕がありますでしょ。
四角いザルの中にバーミキュライトがいっぱい

なにしろ、この四季なりイチゴときたら、ランナーをだすんじゃなくて、新芽が根元のすぐとなりへとなりへとくり出して株を大きくしていくものだったんですわ。つまり、培養土の面積に余裕をもたせなくちゃならんのでした。

なお、引っ越しの際、鉢の下にはえていた根は、もったいないけどすべてバッサリ切り落としました。
水耕栽培のイチゴ 穴鉢の下にはえていた根
だってそうしないと、穴のあいた鉢からとりだせなかったんだもん。

ゲッ、そんな荒療治をして大丈夫かいな。

引っ越して1週間ぐらいたちますが、新しい根はまだカゴから出てないようです。
ザルからは、まだ根がでていません。

でもでも、しおれる風でもなく、新しい実をつけていました。あんがい大丈夫なのかも。
つるに実が複数個ついてます

この日の(5/28)のおつまみ。
5/28 収穫した四季なりイチゴの実
あまずっぱくておいしい。ああ、もっといただきたい、ってところでおしまい。ちょっぴりなんだもん。なんかね、食べ終わったときって、夢からさめたような気分になるのでした。ううっ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード