FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

エダマメ水耕栽培スタート

エダマメを育てるのがどうも苦手なんですが、今年もこりにずやってみることにしました。
種も栽培容器もすでに入手済み(容器に関する過去のブログ記事→こちら)。お次は、容器の加工です。

まずは、ハンダごてで容器のふたに穴をあけました。この穴に、穴鉢(あなばち)をセットしようってわけです。
とはいえ、5個もの穴開けって、けっこうなんぎ。火傷しそうだし、ぐにゃりと曲がりそうだし。

しかし、できあがってみれば、なかなかにうれしく、拳銃を手に一仕事を終えた『ゴルゴ13』な気分よ~♪
容器に、ハンダごてで穴鉢を入れる穴をあけましたの図

ときに、この穴をいくつあけるかで、かなり迷いました。
じつは当初、お手本にさせていただいているブログ「春色ソレイユ」さんのたのしい記事「水耕栽培・枝豆」をまねをして、プラコップで栽培するつもりだったのですが、プラコップがうちにはなかったので穴鉢で代用することに。
となると、プラコップなら6個の穴があけられそうが、穴鉢はそれより大きいので、5個までだろうなあと。少なくなるのは、もったいないような気がするけど。
でもまあ、5個にして中央に穴があれば、今後この容器を使ってトマトの苗を1株だけ植えたりするときにも使えそうだし。
てなことで、やっと決断したしだいです。

それと、穴のサイズも悩ましいのだなあ。
いつもなら、もっと大きくあけて、穴鉢のふちが容器の蓋に止まるくらいにするんですけど。穴鉢がちょっと浮いたような感じにしちまいました。大きくするのはいつでもできそうだから、小さめに。なんとなく、小は大を兼ねるような気がしてですね。(びびってるだけかも。)
エダマメの水耕栽培容器にあけた穴の大きさ

全部の穴に穴鉢をセットしてみる。うんうん、まあ、容器はこんな感じでいいだろう。完成!
エダマメの水耕栽培容器に穴鉢をセットする

だが、大いなるまちがいに気づく。容器作りよりも「種まき」がまず先でしょうが~!でした。 
エダマメの種まき
せっかく作ったけど、容器を使えるのは、まだ先ですわなあ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| エダマメとヒヨコ豆 | 16:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初。通販でトマト苗入手。

3月の初めにネットで注文したミニトマトの接ぎ木苗(F1アミティエ)が届きました。(撮影:4月12日)
ミニトマト接ぎ木「F1アミティエ」

若干、枝が折れてます。
ミニトマト接ぎ木「F1アミティエ」。折れていた枝。

土が、ポットからこぼれてへってました。
ミニトマト接ぎ木「F1アミティエ」。こぼれていた土。

でもでも、大丈夫なんであります。水耕栽培用にするため、苗の土を洗い落として「あく抜きベラボン(ヤシの実の繊維)」を入れたポットへ植えかえて、2日後。

ピン!としてますのさ。
ミニトマトの「アミティエ」。苗の根の土を洗いおとして植えかえた。

なにしろ、大阪のお店から東京のわがやまで。ゆられゆられて大変ですがな。よくぞ、運ばれて来なさった。
ようこそ、極小ベランダへ、です。

苗と一緒に、「野菜栽培説明書」なる資料も同封されてました。
苗に同梱されていた、野菜栽培説明書。

全15ページもある大作の取説。読み応えありあり。
たった1株しか注文してないんですけどねえ。恐縮です。

また、苗が入っていたこの黒いかご。
ポットを入れる網かご

ねえねえ、なんかに使えそうですよ。まだアイデア思いつかないけど。

そうそう、F1アミティエさんの苗付属の札には、こう書いてありました。
「糖度11~12度と非常に甘く、旨味成分グルタミン酸を、従来品種と比べて2倍以上も多く含み、驚きの旨さ!着果良く豊産性で裂果にも強い!重量10~15グラム」

…とまあ、どーなんですかねえ。あまりの見事な紹介文に、ドキッ。不安のブラックホールにおっこちそうです、はい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 15:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ごみ箱寄せ植え」と「ペットボトル1株植え」

チコリを2種類の鉢に植えました。一つは、ごみ箱容器に4株。もう一つは、2リットルのペットボトルに1株ずつです。まあいってみれば、一部屋に4人の雑魚寝暮らしと、小さいながらも一軒家育ちと、はたして、どちらがよく育つでしょう、みたいな。

こちらが、チコリ4株入りのごみ箱です。(奥の2株がプンタレッラ。手前の左がパラロッサ、右がカステルフランコ。)
3/4 ごみ箱容器に4株のチコリ。

きっちきちですなあ。それでも、奥の株、プンタレッラの中央部を収穫したら、わりに大きなのがとれました。
3/5 収穫したチコリのプンタレッタ

さて、ペットボトルで1株育ちのほうはどんなもんでしょう?
私の予想は、小さくたって一軒家なんだから、ごみ箱育ちよりは大きな株に育つんじゃないかと思うのですが。

結果は…。
広い葉になるタイプのチコリは、ごみ箱育ちとほぼにたような大きさになりました。
3/2 チコリのパラロッソ

一方、細い葉のプンタレッラは、なかなか大きくならず。

4月11日になっても、これくらい。
ペットボトルのチコリ

中心部分を収穫してみたけど、もうだいぶ固くて、可食部分がちょっぴりになくなってました。
ペットボトル育ちのチコリ。収穫した中心部分。

根が痛んでるのかもと、のぞいてみたら、茶色のところもあるけど太めだし、まだいけそうではあります。
ペットボトル育ちのチコリの根

うーむ。こうしてみると、葉が細いプンタレッラは、2リットルのペットボトル栽培は向かないのかもしれません。
次回は、ごみ箱で育てることにしましょーっと。

ところで、ごみ箱のプンタレッラを全部切り取って食べてしまったのですが、その跡地から、脇芽が生えてきましたよ。(撮影:4/1)
収穫後のチコリの跡地から、新芽あらわる。

根もきれいみたい。
水耕栽培のチコリの根。

チコリは多年草だそうですから、まだまだお元気にお過ごしできちゃいそうであります。

ところで、細い葉のプンタレッラですが、収穫した中心部分はほぼ苦みなく食べられますが、そのまわりの葉っぱが気になりますのさ。ずっとボツにしてたんだけど、なんだかなあ、もったいないしなあ。

ちょいとかじってみたら、緑色の葉はかなり苦いけど、その下の白い茎は大丈夫。なあんだ、食べられるじゃん。
3/31 収穫したチコリ。プンタレッラ。

というわけで、部位によって使い分けることにしました。一番下の白くて太い茎は単独で酢味噌和えに。葉にちかい細くなってる茎は、他の野菜と混ぜてサラダに。
収穫したチコリのプンタレッタ。サラダにする。

これで、だいぶ“もったいない”が少なくなりました。イエ~イ!
(でも、緑色の一番ビタミンとか栄養がありそうな葉はボツにしてるわけです。ああ無念。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT