四季なりイチゴの実の付き方

2017.05.18 20:01 | EDIT

去年の秋に苗を買って育てている四季なりイチゴの「めちゃウマ」。花が咲いてじわじわと実ができつつあります。
最初苗を買ったときは2株だったんですが、水耕栽培していた1株からランナーがでてきて、プラス3株になり、合計5株になりました。栽培方法は、土栽培と水耕栽培の二通りでやってみています。といっても、土栽培は1株だけです。

土栽培の株
ずいぶんと実をつけていました。ちっちゃいけど…。
土栽培の四季なりイチゴ「めちゃウマ!」の株

実は、上の写真の下側だけできていると思っていたら、株の円周にもぐるりと花芽や実ありました。
土栽培の四季なりイチゴ「めちゃウマ!」 四方に花芽ができる

イチゴの栽培について書かれている記事を拝見すると、イチゴというのは一方向にだけ実をつけるものらしいです。右にも左にも花芽ありということはないのですとさ。右なら右方向にのみ花芽ができるんですと。

それならなにゆえに、うちのイチゴはぐるっと周辺にまで花芽ができているんじゃろか。

じつはこのイチゴ、1株だけだったはずなのに、いつのまにかたくさんの株にふえてしまったみたいなんです。根元のすぐとなりとなりと新芽をだしては放射状に広がっているみたいなんです。

そして、それぞれの株がそれぞれに花芽をつけるもんだから、花芽も放射状についたということなのでしょう。
はは~ん、花芽とか実がこんなにも異様にたくさんつけているのは、たくさんの株が集まっていたからであったか。と、今頃になって得心する。

株分けしようにも、、根元はびっしりと密集してしまっておる。どうやって分解するんだろか?
四季なりイチゴ「めちゃウマ」の密集した株元

あ~あ、窮屈そう。これじゃ一粒の実が小さいのもしょーがないわ、と、またまた納得。


【水耕栽培の親株】
こちら、同じ品種・めちゃウマの水耕栽培をしている株です。
水耕の四季なりイチゴ「めちゃウマ!」 親株

なんだか土栽培のより実の数が多いような気がするなあ。
水耕の四季なりイチゴ「めちゃウマ! 親株の実

しかもランナーを出しておる。
めちゃウマ親株にランナーあらわる。

じつはこの水耕栽培の株は、冬にもランナーをだして3株も増殖させた働き者なんであります。

とはいえ、不発の実もたくさんだしました。
土栽培の株とあわせてですが、ボツになった実がこんなにありました。
四季なりイチゴの無駄にたくさんできた実の始末
株が密集してしまってるから、大きく充実した実を作れないのでしょう。もったいなあ…。


【水耕栽培の太郎】
こちらは、さきほどの親株のランナーからできた最初の株=太郎(と、栽培なさる方々は呼ぶそうです)。
めちゃウマ太郎

花や実の数は親株よりぐっと少ないみたいだけど、一粒の実がでかっ!
めちゃウマ太郎の花と実


【水耕栽培の二郎】
それなら、親株のランナーから2番目にできた株=二郎はどうなっとるんでしょう。太郎よりも大きな実ができているんでしょうか、それとも変わらないのでしょうか。

ジャーン
めちゃウマ二郎

実、でかでか!
めちゃウマ二郎の実

【水耕栽培の三郎】
ならば、親株のランナーから3番目にできた株=三郎はどうでっしゃろ。
めちゃウマ三郎

まだ青くて固そうです。3番目だから、1番目の太郎や2番目の二郎よりも育ちが遅くなるんでしょうね。
めちゃウマ三郎の実
ま、でも実は大きそうです。

あれ? 大粒だとおいしいのだろうか。小粒だからってあなどれないかも。「人間は見かけじゃないよ、中身だよ」とかいったりしますけど、うちのベランダのイチゴはどんなもんでしょうかねえ。たのしみなことであります。

なお、四季なりイチゴはランナーをだすことが少ないらしいので、せっかくだからこのたびもだいじに苗をとりたいなあと思うんであります。ますますベランダが狭くなるけど…が、がんばろう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

種から水耕栽培のキュウリ:タイの品種は梅雨に強いだろうか

2017.05.14 10:46 | EDIT

曇り空で涼しいです。ベランダの液肥補充に焦らなくてもいいお日よりであります。

キュウリに花芽がついてました。ちいさいねえ。
タイキュウリのテンクワーに雌花

それもそのはず、小型の実ができるテンクワというタイが原産のキュウリですってさ。

これは3月11日に種まきしたときの写真です。ということは2ヶ月くらいで花芽がつくってことでしょうか。
3/11 タイのキュウリ テンクワーの種まき
ほー、種がいっぱい入ってたんだ。(もったいなあ。煎って食べられたらいいのに。)

株の大きさはこんな感じ。身長30センチくらいでしょうか。
タイキュウリのテンクワー

出身地がタイということですから、湿度や高温に強い品種なんだろうなあと予想してるんですがどうでしょう。

ややっ、不穏な気配。葉に白い斑点があるじゃないか。
キュウリのテンクワー うどん粉病になってるみたい

うどん粉ですな、これ。うううっ。なにかしらの対策をいたさねばなりますまい。

ま、こういうこともあろうかと、別の品種もご用意してましたのさ。

はい、こちら。節なりキュウリの「なるなる」2株と、四葉タイプ(イガイガのとげありで歯ごたえがよろし)の「F1多福四葉」です。(撮影:5/12)
5/12 節なりキュウリの「なるなる」と四葉タイプの「多福」

なぜかF1多福四葉の双葉がくっついたまま。ハートになって育ってます。
四葉タイプの「多福」 双葉がハートになっておる

キュウリの生長って早いんですねえ。
これより2日後には、本葉が広がってました。(5/14)
5/14  四葉タイプのキュウリ「多福」と節なりの「なるなる」

こちら3株の種まきは4月29日でしたので、約15日でこれくらいに育ったことになります。暖かくなると、どんどん生長が早まるんだなあ。

ときに、日本は梅雨あり。というわけでキュウリなどは「うどん粉病回避、命」みたいな使命をもって品種改良なさっているような気がしています。だからきっとこちらの日本出身の3株ならば、少しは病気に強いんじゃないかと期待しておるわけですが、どんなもんでしょうかねえ。
あ、思い出しました。以前栽培したとき、どういうわけか、四葉もなるなるも、葉がかんざしみたいに固くなる病にかかったんでした。
あれはたしか涼しい日が続いたときだったかも。低温には弱いのかもしれませんね。

そうそう。めんどくさがり屋のわたくしですが、昨年ぬか床をご近所さんがくださり、冬越しをさせることができました。(ぬか床の上に塩を大量にのせておいただけですが。)ただ今徐々に塩抜きをしているところ。
もうじき爽やかなお漬物が食べられるようになることでしょう。
ベランダのキュウリどの。わたくしの人生初作製ぬか床へのお越しを、節にお待ち申し上げておりますぞい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - キュウリ
Permanent Link | Comment(7) | Trackback(0) | PageTop↑

種から栽培:トウガラシの甘とう美人と水ナスに花芽

2017.05.12 19:19 | EDIT

1月20日に種まきしたトウガラシの甘とう美人。なかなか大きくならなくてどうしたもんかと思ってましたんですが、ようやくお店で販売されている苗くらいになりました。
種から栽培 トウガラシの甘とう美人

苗買っちゃったほうが楽でしたわ、これじゃ。まあそれでも、発芽から本葉数枚あたりまでのかわいらしい姿を観察できるのがたのしくて、ついつい種から栽培してしまうわけですが。

中心部をのぞくと、花芽あり。いやん、アブラムシもありでしたぜ。
水耕栽培の甘とう美人に花芽

そしてこちら、甘とう美人と同じ日に種まきした水ナス。これまた同じくなかなか大きくなりませんでしたなあ。
水耕栽培をしている水ナスの株

ややっ、花芽発見。ちっさ。
水ナスの花芽

水ナスというのは、実をしぼるとお水がギュッってでるらしいです。それをぜひやってみたくて種まきしましたのさ。去年も栽培したんですけど、実がなる前に苗が撃沈したので今度こそなのであります。

てなわけで、ナスとトウガラシはそれぞれ1株ずつを育てようと思っておるんですが、ひょっとしてペットボトルをひっくりかえして苗を落とすかもしれないし、液肥やりを忘れて干からびさせちまうかもしれんのです。

そこで、はい、こちら。そんなときのための予備軍をご用意いたしております。
予備の苗 トウガラシの甘とう美人と水ナス

これで安心。よかったホッ。ところがありがたいことに、ときどきその予備軍も元気に育ってしまうことがあるんですよねえ。そうなると、ナス2株、トウガラシも2株になってしまうわけで。

ただ今、ベランダはかような案配になっております。満員御礼につきってやつですな。(撮影:5/2)
ベランダの野菜密集ぐあいです

さあて、どうやりくりしたもんだか。
どれかしらの苗をあきらめるのか。
そのうち梅雨になってうどん粉やらがはびこり、ボツになる苗がでるからご心配には及びませんだったりして。
まあそんなこんなを、たのしんで悩むことにいたしましょーっと。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - トウガラシ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード