FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

豪邸育ち二十日大根のビットリア

じつは、二十日大根を種まきしたことを忘れ、キャベツだと思って育ててました。キャベツなんだから小さなポットではいかんだろ/うと、ペットボトルに一個植え。だいじにだいじに眺めておりましたらば、キャベツにしちゃあ葉っぱがザラザラするんだよなあ。(撮影:9/27)
二十日大根のビットリア。ペットボトルによる水耕栽培。

根元を見れば、赤い物が…。
二十日大根のビットリア。思いのほか大きい。

というわけで、二十日ダイコン「ビットリア」は、陽当たり一等地の一戸建て高級住宅にて、優雅な生活を送っていたことになります。

見たところ食べ頃のように思いましたので、お住まいよりお出しして水洗いしてさしあげましたところ、つやっつやのお肌が出現。
二十日大根のビットリア。珍しくお肌がきれい。だけど楕円。

二十日ダイコンといえば、だいたいが実割れして悲しい姿にしてしまうわたくしですが、珍しく無傷のお肌でございましてよ。
しかも、なんかデカいし、形も丸じゃなくて、ラグビーボール風だし。
のびのびお育ちになると、かくも美しゅうなるものであったかと感心したしだい。

でも、種のサイトさんで調べたら「4~5cm位まで肥大させても美味しく食べられる、二十日大根としては珍しいタイプ」とあり。なーんだ、大きくても割れてないのはこの品種の特徴だったみたいです。もっとでかくしてもよかったかも、と欲ばってみたくなる。

きざんで、ローストしたクルミをのせていただきました。シャッキシャキ。
二十日大根のビットリアとクルミのサラダ。

なお、根は黒い穴あきポットから出るくらいの分量でした。ふーん、案外毛深いんだねえ。
二十日大根のビットリア。水耕栽培の根。

それにしても、二十日大根が二十日で収穫できたことってないですなあ。
このビットリアは、種まき(8/19)から39日目(9/27)の収穫でありました。
「二十日ダイコン」といっても、いろんなタイプがあるのかもしれません。

当方のベランダは、場所がないからきっちきちの容器にいれ、陽当たりもきびしい場所で育ててますが、珍しく美形に育ったビットリアをながめ、「健康で文化的な最高品位の生活」を送った野菜はこんなふうに育つんだろか、な~んて思ってみたり。(←テレビドラマの見過ぎですな。)

【追記】
台風の翌朝、近所の散歩道に転がっていた木です。
台風の後に転がっていた木

このあたり東京都青梅市は、観測史上最大の最大瞬間風速を観測したのだとか。停電もありましたがまもなく回復。大量の枝葉が道に散らかって落ち、ご近所の方々がお掃除しておられました。
ベランダ野菜は、室内に運べなかったトマトは全滅か、と思ってましたが、葉がちぎれ、花もみな落ちましたが、実は残りました。意外に丈夫だったようです。
それにしても、すごい風の音でした。マンションは二重窓ですが、地鳴りのような音と揺れ。パトカーと救急車の音。耳を押さえてビビりっぱなしでした。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 二十日大根 | 16:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋トマトは、いかに?

6月29日に種まきした中玉のトマトの品種「Mr.浅野のけっさく」.。水耕栽培でして、一株はエアレーション「あり」。もう一株は「なし」です。
私の予想では、エアレーション「あり」だと、水の中に空気が送られるから根がよく育つと思われます。なにせ、装置の電気代が月100円(取り扱い説明書より)という元手がかかってるもんすから、出来の良さに反映していただかないことにはさびしいじゃーありませんか。そこんとこをしかと確かめたく、実験してみることにしました。はたして、どうなんざましょ?
(なお、エアレーション「あり」の栽培容器は「ホームハイポニカぷくぷく」ですが、モーターは別の会社の「水心」を使用。「なし」の容器は、20リットルくらい入るスチロール箱です。)

種まきから約3か月後(9/27)。左側がエアー「あり」。右側が「なし」。
水耕栽培のトマト。エアレーション「あり」と「なし」の2つの株。

エアー「あり」は、右側ににゅ~っと枝を伸ばすようにしました。
エアレーション「あり」の株の姿。

エアー「なし」は、左側に伸ばしました。
エアレーション「なし」の株の姿。

はてなあ、葉の茂り具合には、あまりちがいがないように思います。わき芽は、ほぼとらず。

肝心の実のつきかたはいかがなるや?
もっともよく実が連なってる房をくらべてみました。

エアー「あり」の房。
エアレーション「あり」のトマトの房

エアー「なし」の房。
エアレーション「なし」のトマトの房

8月頃は暑さのせいか花が落下することが多く、どちらにもあまり実がついてはいませんが、これを見る限り、エアー「あり」のほうが実の数は多そうです。なお、エアー「あり」には、一個だけすでに赤くなってる実がありました。
実ができたトマトの中玉「Mr.浅野のけっさく」

根はどうだろう。
エアー「あり」の根。
エアレーション「あり」の水耕栽培の根

エアー「なし」の根。
エアレーション「なし」の水耕栽培の根

分量は「あり」のほうがいくらか多い、かな。どちらもまあまあ白いから元気なのでしょう。よかったよかった。
それにしても、思いのほかちがいがないのには、びっくり。

ん?でも、まだ収穫してみるまではわかりませんぞ。
どれどれ、ひきつづき、観察していこうとぞんじます。って、もうじき台風が来るとか。まったくもう、こんなでかいなりのトマト。どーやって部屋の中に引きずり込んだものか思案中で~す、ハハハ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 20:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バジル消費月間

種まきが4月5日のバジル(品種:ボロッソナポリターノ)。ペットボトルで水耕栽培してました。(撮影:9/2)
ベランダで水耕栽培のバジル(ボロッソナポリターノ)

なにかと重宝して長持ちしておりましたが、とうとう葉が小さくなってきました。おしまいですかね。

2個のペットボトル全部の葉をつみとったらボールにけっこうあります。(9/5)
収穫したバジル(ボロッソナポリターノ)

こんだけあれば、バジルソース(バジル+ニンニク+オリーブオイル)を作れそうですが、あいにく接客業なもんで、ニンニク料理はアウトなんでございます。どーしますかねえ?

とりあえず、洗ってタッパーに詰める。お安いからと毎日食べてるキャベツの千切りとか、キャベツの千切りとか、あとキャベツの千切り(料理が苦手な私。他になにがあるというのだあ?)にでもふりかけて、まめに消費するとしよう。
収穫したバジルの葉がいっぱい

緑のもんはからだにいいぞう。ガンガン食べて、丈夫になるぞう。お肌もきれいになるぞう。(せいぜい緑色になるだけだと思うが。)

なお、バジルはまだあとゴミ箱で水耕栽培してるもんが一丁残っておりますのじゃ。
まだ残っているバジル(ボロッソナポリターノ)

毎日がバジル曜日になりそ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| シソとバジルとパセリ | 17:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT