園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

のらぼう菜:5回目の収穫にておしまーい

のらぼう菜は、今が収穫のピークのようで、立て続けに折り取らないと花が咲きそうでした。

こちら昨日、14日の分です。
4/14 のらぼう菜の収穫

そしてきょう。
180415_norabou_0776.jpg

でもって、撤収。
180415_norabou_0775.jpg

いえね、まだ待っていたらいくらか収穫できそうなんだけど、茎がだんだん細くなってきており、細いうちからもう花が咲いてしまいそうなのです。
液肥を日に2回もやらねばならないほど乾いているところをみると、鉢の中は根が満員御礼なのでしょう。おそらくこのあたりが鉢栽培の限界であろうと思い、鋭意決断したっちゅうわけでして。

さて、このあとは鉢から株を取り出して周辺を片付けるわけですが、この作業に時間がかかりました。
まずは、アブラムシがだいぶ付着していたため、ベランダ床がアブラーまみれのテッカテカなのだな。
ブラシで床に水をまきつつ洗い流しましたですよ。ああよかったー、今日は雨模様で。ご近所さんに気兼ねなく(とはいえ、少しずつだけど)水を流せますもんね。
そのあとは、雑巾がけ。水がついままだと滑ってあぶないあぶない。
そして土。うちでは狭くて再利用の作業がしにくいので袋に入れ、マンションの土置き場に運びます。いずれ共有の花壇に使うことになるでしょう。
やれやれ終わったぜぃ。ゼイゼイゼイと息切れしてしまいました。あ、まだありました。着ていた服の洗濯もいたさねば。鉢をひっくり返したら土をかぶっちまったもんで。

ではいざ、のらぼうの最後の晩餐(昼食だけど)。かみしめていただくとしよう。
180415_norabou_0777.jpg
歯触りシャキッと、甘みあり、旨し。どうもどうもごちそうさまでした。

さてさて、ベランダはようやく春から夏の装い変わりました。

びふぉー:まだのらぼう全盛だった春。(4/8)
4/8 のらぼう菜が茂っていた頃

あふたー:掃除した床に移動させた、イチゴ、トマト、トウガラシ、ヤグラネギの苗などなど。
のらぼう菜の跡地には夏野菜がならぶ

今はまだベランダにお日様がはいりこんでますが、南向きなので日が高くなると、フェンス下付近にしか日が差さなくなることでしょう。それまでに、どうかすこしでも大きくなっておくれ~っ。とまあ願っておるしだいなのだ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜 | 15:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

のらぼう菜の3回めの収穫

昨日は、のらぼう菜を収穫。
のらぼう菜収穫
あ、どこからどこまでが収穫したものやら、ベランダの作物やら、判別しがたい写真ですみません。
片手でつかめる分量で、約30本ほどでした。

レンジで加熱してお浸しに。
のらぼう菜のお浸し

前回よりいっそう甘みがまし、美味しくなってました。へー、なんでだろう。不思議だ。

そして今日。近所で友人たちと一緒に借りている畑のすぐそばで、セリを摘みました。菖蒲の畑があるので、そこにたーーーくさん生えているんです。セリを摘むのって、何年ぶりだろう。子どもの頃以来かも。
足元が泥だけになって、オタマジャクシが売るほどいっぱいいて、ちっとも逃げなくて、なんかすごかったなあ~。

で、その戦利品がこちら。
セリをつんできた

けれども、夕食時間はあれこれ大忙しで、セリを料理する時間がなく、作って焼いたピザにちょろとセリをのせただけになっちまった。
ピザにセリを散らす

残りはゆでておいたから、明日はごま和えにしようぞ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜 | 20:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴ苗のそうじと洗濯

この時期、花粉蔓延力がすごいですなあ。薄黄色になった車があっちにもこっちにも。
それは、当方の極小ベランダにさえ、もれなくふりかけられております。

こちら、四季なりイチゴの「めちゃウマ」の葉。花粉はまんべんなくまぶされてますから、即、唐揚げにできそうですがな。
イチゴの葉に積もった花粉

ちょっとあんまりなので、とりあえずゴミ箱の栽培容器ごとキッチンに運び、水道水をかけて洗いました。

ついでに根も点検しよう。
水耕栽培の根の様子。(四季なりイチゴのめちゃウマ)
うーん、薄茶色かあ。まあまあの健康状態ってところか。

4鉢全部の葉を洗い、液肥をとりかえて元のところにもどしました。ちょっとさっぱりしたかなあ。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ゴミ箱容器で水耕栽培。

あ、まだ用事がありました。こんもりした葉の茂みに隠れて見えなかったけど、下の方に痛んだ葉あり。
四季なりイチゴのめちゃウマ。傷んだ葉があちこちに。

摘み取ってポイポイ。けっこうあるもんだ。
イチゴの苗の傷んだ葉や実を取り除く

実もできてます。
四季なりイチゴのめちゃウマ。花と実。

しかも、株のまわりをぐるりと放射状に。
四季なりイチゴのめちゃウマ。実が放射状にできている。

去年ランナーから苗をとったときは、たった一株だけを植えたはずなのに、穴あきの直径10センチの鉢がぱつんぱつんになるほど増殖したらしい。

ところで、イチゴは同じくペットボトルの水耕栽培でも3鉢育てています。
ペットボトルによる水耕栽培。(四季なりイチゴのめちゃウマ)

こちらにも実ができていました。左の3個はへなちょこですけど。
ペットボトル栽培のイチゴにできた実

実の付き方は、ペットボトルの栽培でもおなじく放射状になってました。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ペットボトル栽培も放射状にできている。

ゴミ箱とペットボトル。どちらも同じように収穫できるんだったら、ペットボトルのほうが場所をとらくてうれしいがなあ。どんなもんでしょう。結果がたのしみであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT